TOPけいおんSS >紬「梓ちゃんとデートしたい…」

2010年11月12日

紬「梓ちゃんとデートしたい…」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 23:47:01.28 ID:KW9mCEwdP

律「おお…ずいぶんとまあ突然思い切ったことを…」

紬「だってねりっちゃん!なんていうかもうね…」

律「うん?」

紬「思いっきりむぎゅううってしてモフモフしたいの!」

律「まあいったん落ち着けむぎ」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 23:51:31.95 ID:KW9mCEwdP

律「そんでむぎはデートってことはわかってんのか?」

紬「えっ?どういうこと?」

律「だから…そのさ…」

紬「?」

律「///…ええいっ!だから梓のこと好きなのかって聞いてんだよ!!」

紬「もちろん好きですっ」キラッ



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 23:54:53.71 ID:KW9mCEwdP

律「あっ…やっぱりそうなんだ…//」

紬「でもりっちゃんも好きよ?」

律「…はい?」

紬「唯ちゃんも澪ちゃんもあっ、それから和ちゃんも…」

律「はい少し止まってみようか」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 00:00:45.69 ID:ts1lXDSbP

律「おいおいっ!それじゃみんなとデートすんのかよっ?」

紬「…それもいいかも」ホワワ

律「それじゃデートとは言えないだろーが」ポカッ

紬「うううぅ…だってみんなのこと好きなんだもの」

律「…たくっ。まあいいや。で、梓はもう誘ったのか?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 00:09:17.42 ID:ts1lXDSbP

紬「…ごほんっ」

律「ん?なんだなんだ」

紬「そのことでりっちゃん様に相談したいことがあるのです」

律「…ほほうなんじゃ申してみよ」

紬「実はデートのお誘いが勇気がなくてできなくて…

  どうやって誘えばいいのか教えて欲しいのですっ!」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 00:17:18.73 ID:ts1lXDSbP

律「まあそんなことだろうと思ったよ…」

紬「えへへそうなの」

律「…」

紬「…ど、どうしたのりっちゃん!?私なにか気に障ること

  言っちゃったかしらっっ」アセアセ

律「…あーもう違う違うって!」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 00:24:12.27 ID:ts1lXDSbP

紬「えっ…じゃあ病気かしら…ちょっとりっちゃん!」

律「うおおい大丈夫だってば!」

紬「いいえこれはほっておけないわっ!」

ズンズン

律「ち、ちかいちかいちかいってぇぇっ!!///」

ピトッ

紬「…熱が若干あるかしら?」

律「ううぅ…(それは別の事情だっつーの…ばか)」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 00:40:52.67 ID:ts1lXDSbP

紬「ほんとにほんとに大丈夫?」ウルウル

律「だぁーもう!そんなウルウルさせた目でこっち見るなって!

  また熱上がっちゃうだろーが!」

紬「熱?…あがるの?」ポカン

律(クソッ…これだから天然モノはなぁ)



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 00:55:18.69 ID:ts1lXDSbP

律「まあ話を戻そうじゃないか。

  たしか梓をどうやって誘い出すかだったよな」

紬「うんそうなの」

律「ちなみにむぎはデートで何するかとか決めてあったりするのか?」

紬「特にまだ考えてないです…」シュン

律「ごめんそうだと思って聞いたから気にしないでな?」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 01:04:41.48 ID:ts1lXDSbP

律「そうなると…相手は梓だからやはり楽器系で話を持っていきつつ…」ブツブツ

紬「あっ…そうだ私お茶いれてくるね」

律「おお。さんきゅー」

紬(りっちゃんが私のために頑張ってくれてるんだ…

  いつも以上の最高のモノをださなきゃだめよ、つむぎっ!)グッ



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 01:13:54.87 ID:ts1lXDSbP

「…うん。まあこんな感じでいいだろ」

紬「りっちゃんお茶いれましたよー」

律「おっ、いいタイミングだな」

紬「いつもより味も気持ちも濃いめですっ」キラッ

律「むぎないすっ」グッ



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 01:29:59.71 ID:ts1lXDSbP

律「…とまあこんな感じでいこうと思うんだ」

紬「な、なるほど」

律「ん?なんか不安とかあるか?」

紬「ち、違うの…」

律「じゃあなんだよ?」

紬「りっちゃんに相談して良かったと思って」

律「…」

紬「ありがとね」ニコッ

律(わ、私が男ならたぶん落ちてるぞおい…)



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 01:46:24.67 ID:ts1lXDSbP

作戦フェイズ

律(さあてむぎのやつうまくやれるのか…)

紬「あ、あずさちゃん」

梓「…?なんですかむぎ先輩」

紬「私ね、実はギターとかにも興味があってね」

梓「は、はあ…」

紬「それでね?こ、今度の休みにね…楽器店に行こうと思ってるの!」グッ



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 02:02:27.91 ID:ts1lXDSbP

梓「そうなんですか…あ、じゃあ私も行こうk」

紬「それでねそれでね!一人で行っても私知識とかないから

  あずさちゃんが良ければ一緒にでも…と思ってね?」

梓「あ、あの先p」

紬「あーでもね…うんいいの無理はしないで!私なんかと行っても
  
  つまらないだけだし…」

梓「む・ぎ・先輩!」

紬「は、はいっ!」ドキンッ

梓「行きます。私もちょうど用があったので丁度いいですし」

紬「ほえ?」ポカン

律(っしゃー!作戦成功だ!)



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 02:14:44.56 ID:ts1lXDSbP

唯「あれーあずにゃんとむぎちゃんなんの話ー?」

梓「あ、唯先輩」

紬「ゆいちゃんじつはね…」

シューン

梓「何か風のようなものが通り過ぎましたが…」

紬「あれれ?ゆいちゃんがいなくなってるわ」

梓(まあ、たぶん律先輩あたりの犯行だろうなぁ)



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 02:38:36.47 ID:ts1lXDSbP

唯「んーんー」バタバタ

律「ぜえぜえ…おい唯…」

唯「ぷはー、え?りっちゃんじゃありませんか!」

律「はあ…このタイミングで話に入る奴の存在に
  
  警戒しといて正解だった…」

唯「ふえ?なになに私、危険人物?フフフ危険な女ってやつだね?

  確かに大人な私には危険な色気がむんむんとねー」

律「あっ、澪のおっぱい」ムニョムニョ

唯「ううぅ…しょせんはぺったんですよ…て、りっちゃんもだよ!」

律「うっ…自爆したぜーにゃはは」

澪「…いきなり胸を揉まれた私は…ほったらかしか?」ゴゴゴ



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 02:54:27.37 ID:ts1lXDSbP

帰り道

紬「〜♪」

律「おおー上機嫌だなむぎ」

紬「だってねだってね!あずさちゃんが行くって言ってくれたのー!」キラーン

律「ははは、まあ私の作戦だなうん」

紬「ほんとありがとね。…あ、ところでりっちゃんなんでほっぺた赤いの?」

律「それは触れないでください…ううぅ…」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 03:05:59.00 ID:ts1lXDSbP

梓 自宅

梓(そういえば今日むぎ先輩から誘われたんだ)

梓(ギターに興味あるって言ってたし、初心者用とか調べとこうかな)

梓(あ…むぎ先輩と二人きりってちょっとレアだよね)

梓(せっかくだから色々お話できるといいな)

梓(…楽器見たらすぐ解散しちゃうのかな?)

梓(それだと…ちょっと寂しいかも)



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 03:21:19.40 ID:ts1lXDSbP

紬 自宅

紬(今日はついにあずさちゃんをお誘いしちゃったわ…)

紬(りっちゃんもあんなに協力してくれてるんだもん)

紬(絶対、いいデートにしなきゃ)

紬(そしてなにより…)

紬「あずさちゃんをあずにゃんと呼びながら

  ゆいちゃんみたいにむぎゅううううっと

  ほっぺをすりすりもふもふするの!!」キラキラッ

紬「…」

紬(ううぅ…思わず声に出してしまったわ//)



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 06:59:18.31 ID:ts1lXDSbP

デート当日 待ち合わせ30分前

紬「ごめんなさい。わざわざ早くから来てもらっちゃって…」

律「あーいいって。興味しんしんだしな!そんなことより今日は大丈夫なのかー?

  楽器見た後の予定とか決めてないぞ」

紬「うん大丈夫。しっかり頭の中で決めてきたから!」グッ

律「いよっし!じゃあ頑張っていってこい!」パシン

紬「っと…うん!いってくるね!」ビシッ

律「…」

紬「…」

律「まだ…時間あるみたいだな」

紬「そ、そうみたい…」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 07:10:57.78 ID:ts1lXDSbP

梓 自宅

梓(うう…いけない。洋服選んでたり髪のセットしてたらギリギリだ)

梓(なんでかな?やっぱり今日のこと楽しみにしてるからかな?)

梓(私、そういうのでペース崩れない人間だった気がするんだけどなぁ…)

梓(まあ、あの軽音部ののんびり雰囲気でやられちゃったのかな…あはは…)

梓(…とかのんびり考えてるゆとりないじゃん!)ドタバタ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 07:27:12.96 ID:ts1lXDSbP

あずママ「あずさーお昼はどうするの?」

梓「外で済ますー!いってきまーす!」ガチャ

あずママ「はい、いってらっしゃーい」

あずママ(最近あの娘、なんか元気なのよね。ふふっ)

梓(うーん…ちょい走らないとまずいかな?)タタタタ



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 07:46:40.65 ID:ts1lXDSbP

デート 待ち合わせ5分前

紬(うう…なんか緊張するわ…)ドキドキ

紬(でも私が早く来て待ってるってことは…)

紬(憧れのアレができるのよ、つむぎ!)

紬(りっちゃんもどこからか見守ってくれてるらしいし)

紬(私だって一人で立派にやれるんだから…うん)

紬(…そうだわ!まずは…そうね。最初にインパクトを与えるのもいいかも…)ブツブツ



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 08:19:15.16 ID:ts1lXDSbP

梓「むぎ先輩!」
紬「あ、あずさちゃん」
梓「ごめんなさい先輩!待たせちゃったみたいd…」


キャプチャ



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 08:20:44.09 ID:ts1lXDSbP

梓「…」ポカーン

紬(うふふ…これであずさちゃんに実はむぎ先輩てば
  おちゃめな人なんだという印象がついたはずだわっ)キラーン

梓「あ、あの…むぎ先輩?」

紬「はいっ!」キラン

梓「それ…あんまりやらないほうがいいかもです」

紬「ほええっ!?」グサ

律(むぎ、なぜそこでそれを…)シクシク



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 08:39:21.47 ID:ts1lXDSbP

梓「あの…先輩?」

紬「は、はい…」ズーン

梓(まずいかなり落ち込んじゃったみたい…言い過ぎちゃったかな…)シュン

紬(…だめよだめっ。こんな落ち込んでるところ見せたら、

  あずさちゃんも困らせちゃうわ)ブンブン

紬「ごめん…ね?す、すすすべっちゃった?みたい…あははは」

梓「い、いいんですよ!全然いいんです!むしろ面白かったです!あははは」

紬「…」

梓「…」

ズーーーン

律(あいつらほんとに大丈夫なのか…始まったばっかだぞおい)



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 08:49:24.26 ID:ts1lXDSbP

梓(だめ…空気変えないと耐えられない…)

梓「あっ!私、時間ぎりぎりで来ちゃって…むぎ先輩おまたせしちゃったんですよね?

  ほんとごめんなさいっ」ペコリ

律(おおナイスあずさ!これで空気を変えていくのだ!)

紬「えっ?ああそんなのいいのよ?私だって…」

紬(あ…この展開はあのセリフを言えるわ!し、慎重に…)

紬「い、今来たとこだから…//」ボソッ

梓「あっ、それならよかったです」

紬(な、なんか思ってたのと違うわ〜)ガーン



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 09:02:01.86 ID:ts1lXDSbP

梓「じゃ、ここで話してるのもなんですし、さっそく行きましょうか?」

紬「そ、そうしましょう!」

律(ふう…まあ最初の難関はクリア…してないけどまあいいか)

移動中

梓「そういえばむぎ先輩。なんで急にギターに興味持ったんですか?」

紬「それはね。あずさちゃんがギターを好きだから」

梓「はいっ?」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 09:18:12.86 ID:ts1lXDSbP

紬「うふふ…ちなみに言うと、ギター以外にもベース、ドラム、

  なんならヴォーカルにも興味あるのよ?」

梓「そ、そんなにですか…」

紬「私、思うんだけど好きな人が興味を持つものって、素敵なものなんじゃないかなーって」

梓「…」

紬「だからどの楽器だって興味があるの。…ちょっと変かな?えへへ」

梓(そういえば…むぎ先輩ってふとした瞬間にこういう表情するんだよなー…

  なんか不思議な気持ち。うーん…なんだろこれ)ボー



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 09:30:49.41 ID:ts1lXDSbP

紬「…あずさちゃん?」

梓「はっ、な、なんでしょう?」

紬「大丈夫?ぼーっとしてたわよ」

梓「はい。ちょっと考え事を…」

梓(おちゃめな部分と大人の部分…両方持ってるってことだよね…

  それって完璧じゃない?美人さんだし。ううっ、ちょっと嫉妬かも…なんてね)

紬「もう少しで着くわ〜うふふ♪」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 09:46:30.71 ID:ts1lXDSbP

ササッササッ

律「ふう…我ながら完璧な電柱移動だな。前世は忍者だったに違いない!

 それもきっと上忍!ふふふ…」

?「甘い」

??「甘すぎて甘いもの食べたくなってきたよ〜澪ちゃん」

?「こ、こら唯!早速バラしてどうするんだっ!!」

??「ええ〜だってしょうがないよぉ〜」

律「おいそこの澪唯。怒らないからちょっとこーい」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 10:01:40.67 ID:ts1lXDSbP

律「で?」

澪「で?言われてもな…こ、これは唯が言い出したことでっ!」

唯「あーずるいよ澪ちゃん自分だけー。共犯だよー」ブー

律「あーもうこいつらは…って、おい!こんなことやってたせいで

  アイツら行っちゃったじゃねーか!」

澪「む?いくぞっ」サササッ

唯「がってん承知です隊長っ!」ビシッ

律「ったく!後で聞くからなっ」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 10:16:03.25 ID:ts1lXDSbP

某、楽器店

紬「うわぁ〜」キラキラ

梓「もう…最初に来たときもキラキラした目で見てましたよね」

紬「だってだって素敵なものがいっぱい並んでるのって素敵じゃない?」

梓「わ、わかりずらいです…」

ギターコーナー

梓「このへんですかね」

紬「ほほう」キラン



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 10:26:44.96 ID:ts1lXDSbP

梓「そういえばむぎ先輩はお金持ちだからギターなんて

  わざわざ買わなくても…あ」

紬「…」ズーン

梓(うわっ、やっちゃった…。そんなこといったらなんで誘ってくれたのか

  ってとこからだもんね…謝らないと)

梓「あ、あの…」

紬「だって…だってあずさちゃんと楽器やさん来たかったんだもん…」ウルウル

梓(あ、なんだこれ…か…かわいいなぁ)ホワワ



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 10:38:20.67 ID:ts1lXDSbP

梓(…じゃなくてっ!)ブンブン

梓「先輩…なんか変な発言しちゃって…ごめんです」シュン

紬「…あずさちゃん」ポンッ

梓「?」

紬「私は全然気にしてないの。

  だからあずさちゃんも気にしないでいいの。

  あらー不思議。だれも気にしてる人がいなくなっちゃったーうふふ」

梓(もう。…敵わないですまったく…ふふっ)



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 10:53:54.61 ID:ts1lXDSbP

楽器店前

澪「うーん…見えないなさすがに」

唯「だねぇ〜」

律「まあここはしょうがないだろ。見守ってやろうぜ」

唯「ふふふ…こんなこともあるだろうと思って

  対策してきたのは私だけかな?」

澪「な、なに?」

律「ま、まさか双眼…」

唯「はな眼鏡くんとハゲちょんまげさんを召還!」

澪律「いや余計目立つからやめろ」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 11:07:00.04 ID:ts1lXDSbP

楽器店 店内

梓「そうですねぇ…

  できれば試奏して、音だけではなくネックの感触確かめて

  ボディの大きさ・形状、ギターの重量・重量バランスなどまあ色々あるんですが、
 
  唯先輩みたいに好きなのを選ぶのが一番だと思います。

  やっぱり愛着が湧くと練習する気にもなりますし」

紬「ふむふむ…勉強になりますっ」キラーン

梓(メモまでしちゃって。ふふっ…

  やっぱりこういう一面はかわいいなぁむぎ先輩)ホワン



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 11:20:21.03 ID:ts1lXDSbP

紬「ちょっといいかしらあずさちゃん」

梓「はいむぎ先輩」

紬「あのね…」


ここから濃密なギターについての談義になりました


梓「…って感じですね」

紬「ふむふむ…」

梓(す、すごい集中力と鋭いところを突いてくる質問の応酬だった…

  やっぱり勉強でもすごいの納得だなぁ。

  …唯先輩も少しは見習ってほしい…)



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 23:41:22.34 ID:ts1lXDSbP

紬「ふむふむ…一通りわかったと思うわ」キラーン

梓「ですね」

紬「これもあずさちゃんのおかげねっ!」ガシッ

梓「ふえっ…あ、いえ。先輩が熱心に学んだからですよ?」

紬「ううん違うの!」

梓「へっ?」

紬「あずさちゃんの教え方がよかったの。だからよ?」

梓「は、はあ…まあいいですけど」

梓(なんか…私、なんだろな…今楽しいのかな)



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /12(火) 23:52:44.00 ID:ts1lXDSbP

梓「結局ギター見て、私が教えるだけになっちゃいましたね」

紬「うふふ。楽しかったわ〜」

梓「それならいいんですが…」

梓(あっ…そういえばこの後の事なにも決めてないや。

  このまま解散…なのかなやっぱり)チラッ

紬「…」

紬(あ…どうしよう…余りに楽しくてこの後の事も考えてあったのに

  どこかに全部飛んでいってしまったわ…)ダラダラ



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 00:06:18.68 ID:yLiPiarZP

梓「…」テクテク

紬「…」テクテク

シーン


後方より、スネーク部隊


律「諸君、お分かりのようにむぎが大ピンチのようだ…」

澪「だな…主に会話がないみたいにみえる」

唯「なんか張り詰めてますなぁ」

律(おいおいむぎ…大丈夫かよ?)



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 00:17:02.89 ID:yLiPiarZP

………

紬「…私ね?」

梓「は、はいなんでしょうっ?」

紬「こうやってお買い物に行く機会があんまりなくて」

梓「えっ…そうなんですか」

紬「大体、うちの人甘すぎるの、私に。この前だってね?…」



129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 00:27:49.44 ID:yLiPiarZP

スネーク部隊

唯「おおーなんだかいい感じになってきたようで」

律「うむうむ。これでまた危機をのりこえたな!」

澪「あのさ。もういいんじゃないか?たぶん後は2人でうまくやるだろ。

  そもそも目的は達成したんだしさ」

唯「まあそうだねー」

律「お、そういやここまで聞けなかったけど、

  なんでお前らまで来る事になったんだよ?」

唯「それは…聞くも涙、語るも涙でねぇ〜」

澪「おいゆい。ちがうちがう」



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 00:45:33.05 ID:yLiPiarZP

律「なんだよー聞いてたのかよ」

澪「…い・ち・お・う言っとくが、

  同じ場にいて聞こえないわけがないとだけ言っておこうか」

唯「ほんとだよー」

律「あはは…そ、そうだったっけー?お姉さん覚えてないなー…」

澪「ゆい。こんなお姉さんになったらだめだぞ?」

唯「はーい」

律「はいはい!私のミスでよーだ」ブー



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 01:12:38.98 ID:yLiPiarZP

紬「…でねー?…はっ!」

紬(いけないわ!いけないっ)ブンブン

紬(お話しているだけでぶらぶらしているだけになってるなんて!)

紬(…そうだわこれならっ!よしっ)グッ

紬「あずさちゃん!」

梓「はい?」

紬「ど、どこか入りましょうか?

  ほ、ほらお茶でもできるところにでも…ね?」



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 01:24:43.89 ID:yLiPiarZP

梓「そうですね。ちょっと歩き疲れたかもです」

紬「うふふ〜あそこ?なんかいいかな?コーヒーカップにハートマークなんて…」

紬(やったわ、紬!これは完全にいい流れよ!

  これで私もあずさちゃんをすりすりもふも…)

梓「せ、せんぱい…//」

紬「ほえ?」

梓「た、確かに休憩という意味では…その…あのですね…」

紬の指は偶然にもラヴなホテル的な場所を…

紬「ち、ちちっ違うのー!//」アタフタ


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 01:35:05.84 ID:yLiPiarZP

紬「ううぅ…こんなはずじゃないのに〜」ウルウル

梓(あっ…やっぱりむぎ先輩に無理させちゃってるのかも…)

梓(いつものむぎ先輩だったらここまで不器用じゃないもんね)

梓(よーし、私も一歩踏み出さないと…ね)


梓「むぎ先輩」

紬「は、はいっ?」

梓「公園でも行きましょうか。私、もうちょっと先輩と話がしていたいんです」



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 01:47:34.53 ID:yLiPiarZP

紬「うーん…風が心地いいわー」


梓(本当は気づいていた)

梓(そのふと見せる少し憂いな横顔と、帽子を押さえる真っ白な手)


紬「…あ!ちょっとあずさちゃんブランコあるの!ブランコっ。乗りましょう!」キラーン

梓「はい今いきますよー」


梓(いつだって一生懸命?なのかな…あはは)

梓(でもそこが…気になるんだよね)



139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 01:59:13.78 ID:yLiPiarZP

梓「そんなに扱いだらパンツ見えちゃいますよー!」

紬「あずさちゃんなら気にしないもん」

梓「そういう問題じゃ…まったくもう…あはは」



梓(たぶんだけど)

梓(私はこのあべこべな先輩が大好きなんだ)

梓(どういう意味かは今の私にはわからないけれど)


紬「あずさちゃんもやりましょう!」キラン

梓「私は…えいいもうっ、いきますよぉー」


梓(とにかくこの大事な時間を大切に)

梓(これからも末永くよろしくです。むぎ先輩♪)

おわり

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 02:11:26.85 ID:yLiPiarZP
おまけ その後のスネーク部隊

律「なあ…みんな聞いてくれないか」

澪「まあ言いたいことは大体わかるが聞こうじゃないか」

唯「私は純粋に気になるので教えてくださいっ!」ビシッ


律「私たちって…もしかして意味なかった?」


澪「だから帰ろうとあれほど…こうなると思ったんだよっ!うう…」

唯「まあいいじゃないハッピーエンドなんだし。

  それより甘いものでも食べて帰ろうねっ!」フンス


澪律「はあ…」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /13(水) 02:05:07.74 ID:yLiPiarZP
すいません、こんな形で終わりにしました
元々、紬と律が好きだったのですが
梓の良さなんかも再確認できて、改めて好きになれました
保守などしていただいた皆さん本当にありがとうございました

はてなブックマーク - 紬「梓ちゃんとデートしたい…」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:


コメント:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。