TOPとある魔術の禁書目録SS >美琴「実験ってなにしてるの?」

2010年10月27日

美琴「実験ってなにしてるの?」


1 名前:代理[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:21:04.94 ID:4oP9Fi/m0 [1/2]

一方「…はァ?」

美琴「実験内容がわからないの。私、中2だから」

一方「いや…お前はこのくだらねェ実験を止める為にここに来たンだろ?」

美琴「うん」

一方「で、その実験の内容が…」

美琴「わからない」

一方「うっそだろォ!?」


3 名前:>>1 感謝[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:25:16.12 ID:RLS7QuyQO [1/28]

一方「じゃあなにか!?実験内容もわかンねェくせに、わざわざこの俺にケンカを売りに来たってェのか!?」

美琴「ケンカなんてする気ない」

一方「……」

一方「…はァ?」

美琴「中2だから話し合いで解決したい」

一方「平和主義だなァオイ」

美琴「中2で言うところのディベート」

一方「その響き懐かしいなァオイ」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:29:02.35 ID:RLS7QuyQO [2/28]

一方「でもよォ…この俺が素直に「ハイ、やめます」なンて言うと思ってンのかァ?」

美琴「くだらないならやめてほしい」

一方「もっともな意見だ」

美琴「やめて?」

一方「だーめ」

美琴「……」ぐすっ…

一方「泣いてもだァーめですゥ!」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:33:14.94 ID:RLS7QuyQO [3/28]

美琴「くだらないのになんで実験やってるの?」

一方「俺が実験やってないとプロローグが始まらねェンだよ」

美琴「じゃあ仕方ないね」

一方「中2のくせに理解が早くて助かるぜ」

美琴「じゃあ戦わなきゃダメ?」

一方「そうだな。実験止める為にはこの俺を倒さなきゃなァ」

美琴「バイバイ」

一方「えェっ!?」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:37:20.15 ID:RLS7QuyQO [4/28]

一方「おい!ちょっと待て!?」

美琴「なによー」

一方「バイバイって…実験を止めに来たンだろ!?」

美琴「うん」

一方「じゃあなンで帰るンだよ!?」

美琴「中2だからアンタに勝てないもん」

一方「まァ…確かにな…」

美琴「かえる。バイバイ」

一方「だからちょっと待てって!?」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:41:32.91 ID:RLS7QuyQO [5/28]

美琴「かえるのー」

一方「落ち着け!つーか、お前色々とすっ飛ばし過ぎだから!」

美琴「なにが?」

一方「最初に実験内容聞いてきて、その説明すら聞かずに帰るってのはおかしいだろうが!?」

美琴「じゃあ教えて」

一方「しゃーねェ…俺がやってる実験はなァ…」

美琴「長くなりそうだからかえる。バイバイ」

一方「うおォォォォい!?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:45:29.87 ID:RLS7QuyQO [6/28]

一方「わかった!じゃあ帰っても良い!」

美琴「かえるもん。中2だから」

一方「今は帰っても良いから後でここにちゃンと戻ってこい!」

美琴「えー」

一方「えー。じゃ、ありませン!」

美琴「……」ぷくー

一方「むくれてもだァーめですゥ!」

美琴「いぢわる」むー

一方「悪党だからいぢわるで良いンですゥ!」

美琴「……」ぐすっ…

一方「ごめン…言い過ぎた…って、だから泣いてもだァーめなーの!」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:49:21.37 ID:RLS7QuyQO [7/28]

美琴「戻ってきたらどうすれば良いの?」

一方「俺を倒せ」

美琴「勝てない」

一方「あァ、だから仲間を連れてきても良い」

美琴「ほんと?」

一方「中2にウソはつかねェよ」

美琴「わかった。仲間を探して戻ってくる」

一方「おゥ。待ってるぜ」

美琴「バイバイ」

一方「また後でなァ」

御坂妹「お前、実験する気無いだろ?とミサカはry」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:52:33.23 ID:RLS7QuyQO [8/28]

美琴「……」テクテク

麦野「…あれー?」

美琴「…アンタは」

麦野「どこのジャリガキかと思えばクソ忌々しい第三位様じゃねぇの」

美琴「そういうアンタは全身ビーム砲」

麦野「その呼び方やめて!」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:55:33.45 ID:RLS7QuyQO [9/28]

美琴「ねぇ」

麦野「あん?」

美琴「仲間になって」

麦野「……」

麦野「…はぁ?」

美琴「倒したい相手がいるの」

麦野「人畜無害の中2のくせに珍しいじゃん」

美琴「でしょ?」

麦野「自分で言うな」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 09:59:28.81 ID:RLS7QuyQO [10/28]

麦野「っても冗談が過ぎるぜ!なーんで私がテメェみたいなジャリガキに力を貸さなきゃいけねぇわけ!?」

美琴「実験を止めたいの」

麦野「…!!」

麦野「…倒したい奴ってもしかして第一位か?」

美琴「うん」

麦野「へぇ…」

美琴「お願い。仲間になって」

麦野「……」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:04:21.46 ID:RLS7QuyQO [11/28]

麦野「…正直テメェと共闘なんてクソ食らえだ」

美琴「……」ぐすっ…

麦野「…だが格下が最強様に下剋上っても面白れぇな…」

麦野「第一位様の無様な姿ってのには酷く興味があるわ…」

美琴「…じゃあ」

麦野「この原子崩し(メルトダウナー)の麦野お姉様が情けない中2のガキんちょに今回だけ力を貸してやるわよ!」

美琴「わぁい。全身ビーム砲が仲間になってくれたっ」

麦野「メ・ル・ト・ダ・ウ・ナ・ーって言ってんだろうが!!」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:08:13.74 ID:RLS7QuyQO [12/28]

麦野「しかし私とテメェだけじゃ、まだちょっと不安だな」

美琴「どうすればいい?」

麦野「そうだな…あの野郎がいれば…」

麦野「…おっ」

垣根「…あん?第四位に…第三位か? 」

美琴「もふもふだ」

麦野「そこのもふもふちょっと来い」

垣根「あぁっ!?」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:13:25.43 ID:RLS7QuyQO [13/28]

垣根「出会い頭に人のこと指差してもふもふってナメてんのか!?」

美琴「翼、もふもふ」

麦野「ちょっと触らせてよ」

垣根「しゃーねぇな…ちょっとだけだぞ」バサッ…

美琴「わぁ、翼だ」

麦野「へぇ、見かけによらずホントにもふもふだな」サワサワ…

垣根「だろぉ…って何させてんだよテメェら!?」

麦野「そんな怒んなよ。垣根ていもふ」

垣根「喧嘩売ってんだな?この俺に喧嘩売ってんだな!?」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:17:33.62 ID:RLS7QuyQO [14/28]

美琴「ねぇ」

垣根「んだよ?中2だからってもう触らせてやんねぇぞ」

美琴「私たちの仲間になってほしいの」

垣根「……」

垣根「…はぁ?」

麦野「戦争だ。黙って手を貸せ垣根もふもふ」

垣根「マジでぶっ殺すぞ全身ビーム砲!?」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:23:18.01 ID:RLS7QuyQO [15/28]

垣根「つーか戦争ってなんだよ。俺らレベル5が3人も集まらないといけないような規模なもんなのか?」

麦野「いや相手は一人だ」

垣根「はぁ?なんだよそりゃ?」

美琴「あくせられーたを倒すの」

垣根「…!!」

麦野「第一位様に下剋上。特に第二位様ともなればかなり興味があるんじゃないかしらん?」

垣根「…なるほどな。理由はわからねぇが、あのロリペドとやり合うってか」

垣根「それでこの俺の能力が必要ってか…はっ!なかなか面白れぇお誘いじゃねぇか!」

美琴「…じゃあ」

垣根「俺の未元物質(ダークマター)を味方に付けたんだ。この戦争に敗北の二文字はねぇ…!」

美琴「わぁい。つばさもふもふが仲間になってくれたっ」

垣根「か・き・ね・て・い・と・く!!!文字数しか合ってねぇよ!」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:28:41.78 ID:RLS7QuyQO [16/28]

垣根「それで戦争っていつやんだよ?」

美琴「今日って言ってた」

麦野「アイツ今、どこいんのさ?」

美琴「実験場。待っててくれるって」

垣根「律儀な奴だな」

美琴「また後でって言ってた」

麦野「なんかこの会話だけだとデートの待ち合わせみたいに聞こえるわね」

美琴「デートってなに?」

麦野&垣根「中2にはまだ早ぇ」

美琴「でも中2だけど同棲してる」

麦野&垣根「……」

麦野&垣根「マジで!?」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:33:43.05 ID:RLS7QuyQO [17/28]

麦野「おいおい!?中2が同棲だぁ!?まだ×××が××××なちんちくりんがぁ!?」

美琴「×××ってなに?」

垣根「おい第四位。あんま中2に悪影響な言葉を使うんじゃねぇ」

麦野「いやだって中2が同棲ってやべぇだろ!?」

垣根「いやまぁ確かに俺も驚いたがよ…」

美琴「××××ってなに?」

垣根「忘れろ。知らなくても別に困らないから」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:38:34.48 ID:RLS7QuyQO [18/28]

垣根「しかし最近の中2は進んでやがるな…」

麦野「つーか相手はどんなのよ…?」

美琴「高1」

麦野「私とタメじゃねぇか!?」

垣根「おいサバ読むな高3」

麦野「だって私より若い二人が同棲して××××とか悔しいんじゃんかよぉ!」

美琴「大丈夫。アンタは高3でも綺麗だから」

麦野「…すきっ」ぎゅっ…

美琴「わっ」

垣根「すげぇ好感度上がった!?」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:43:50.73 ID:RLS7QuyQO [19/28]

麦野「しかしまぁ、こんなに可愛い中2の同棲相手ってぐらいなんだから相当なイケメンなんだろうなぁ」ナデナデ

美琴「えへへ。きもちいい」

垣根「綺麗って言っただけでこれかよ…」

麦野「女心は複雑なようで単純なんだよクソメルヘンが」

垣根「はいはい、そーですか…」

麦野「私、一度アンタの同棲相手に会ってみたいわ」

美琴「会いにくる?」

麦野「えっ、いいの?」

垣根「おいおい?野暮な真似すんなよ第四位」

美琴「良かったらもふも会いにくる?」

垣根「とうとうもふだけになっちまったか…」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:49:11.73 ID:RLS7QuyQO [20/28]

麦野「いーじゃん!この子が会いに来ても良いって言ってんだから今から会いに行こうよ!」

垣根「いやいや今からあの野郎と戦争始めんだろうが?」

美琴「もう暗いから帰らなきゃ。中2だし」

麦野「戦争とか怖い。高3だし」

垣根「えー…俺のやる気は…」

美琴「かえろ?」

垣根「……」

垣根「…ホントに俺も会いに行って良いのか?」

美琴「うんっ」

垣根「…しゃーねぇ…たまにはそういう平和な時間も悪くねぇか…」

麦野「たまにはって言うか毎日平和よな」

垣根「違いねぇ」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:55:11.66 ID:RLS7QuyQO [21/28]

美琴「じゃあ行こっ」

美琴「…あれ?」

上条「…あれ?美琴?今、帰りか?」

美琴「アイツが同棲相手」

麦野「へぇー爽やかな好青年じゃん。アンタにお似合いだわ」

美琴「えへへ」

上条「えっ?なに?美琴のご友人の方?」

垣根「おい第四位。テメェも学園都市が誇るレベル5の一人なら挨拶ぐらいちゃんとしろ。失礼だろ」

垣根「あっ、どうも。俺は垣根帝督です。レベル5で序列は第二位をやらせてもらってます」

麦野「ちっ…イイコぶりやがって…あっ、どーも麦野沈利でーす。レベル5で序列は第四位でーす」

美琴「ビームともふだよ」

麦野&垣根「その紹介の仕方はやめような」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 10:59:31.61 ID:RLS7QuyQO [22/28]

上条「うわっ…なんとレベル5の方々でしたか…」

上条「これはこれはご丁寧に。私、上条当麻と申します」

美琴「今からみんなでアンタに会いに行こうとしてたの」

上条「ええっ?レベル5の方々が俺如きに?」

麦野「いや、この子が同棲してるって聞いてさ。どんな男か気になってね〜」

上条「そうでしたか。いやーなんかこんなパッとしない男ですいません…」

垣根「いや、いかにも善人っぽい面構えだ。安心したぜ」

上条「いやぁ…恐縮です」

麦野「うんうん。これなら中2を任せても安心かな」

美琴「よかった」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 11:04:45.26 ID:RLS7QuyQO [23/28]

上条「お二方は美琴のご友人で?」

麦野&垣根「あー…」

美琴「うんっ。お友達っ」

麦野&垣根「…///」

麦野&垣根「はい。友達です!」

上条「そうですか。いつも美琴がお世話になってます」

麦野&垣根「いえいえ。中2なんで大丈夫です」

上条「もし良かったらこれからウチにで夕飯を食べませんか?今夜は冷えるのでお鍋にしようかと思って」

美琴「わぁい。お鍋っ。みんなで食べよっ?」

麦野&垣根「…///」

麦野&垣根「はい。いただきます!」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 11:10:46.11 ID:RLS7QuyQO [24/28]

麦野「なんつーか…」もぐもぐ

垣根「表の世界ってあったけぇな…」もぐもぐ

美琴「お肉おいしい」もぐもぐ

上条「美琴。お野菜も食べなさい」

美琴「中2だからお野菜きらーい」

垣根「俺スクール抜けるわ…」もぐもぐ

麦野「私もアイテム抜けよ…やっぱり平和が一番だわ…」もぐもぐ


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 11:15:48.65 ID:RLS7QuyQO [25/28]

麦野&垣根「おじゃましましたー」

美琴「バイバイ」

上条「またいつでもいらしてください」

美琴「おなかいっぱい」

上条「たくさん食べたな」

美琴「たくさん食べたら眠くなってきちゃった…」

上条「中2だから今日はもう寝るか?」

美琴「一緒に寝よ?」

上条「もちろん」

美琴「わぁい。大好きっ」

上条「俺も大好きだよ」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 11:20:39.00 ID:RLS7QuyQO [26/28]

美琴「…ねぇ」

上条「ん?どした?」

美琴「私、毎日がとーっても幸せだよっ」

上条「美琴…」

上条「…そっか。うん!そりゃ結構なことだな!」

美琴「うんっ」

上条「そういや今日はあのお二方と何して遊んでたんだ?」

美琴「えーとね…」

美琴「……」

美琴「…あれ?」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/24(日) 11:25:23.86 ID:RLS7QuyQO [27/28]

御坂妹「もう帰って良い?とミサカはry」

一方「いや!もう少しだけ待て!アイツはちゃンと戻ってくる!中2は純粋だからウソをつかねェンだ!」

御坂妹「お前の方が純粋だよ。かえる。バイバイ。とミサカはry」

一方「あァ!?ちょっと待て!一人にすンな!寂しいだろォ!?」

御坂妹「だってさっきも言ったけど最初から実験なんかする気無いんでしょ?とミサカはry」

一方「そりゃあお前を殺したら中2が泣いちまうだろうが」

御坂妹「学園都市は平和だなぁ…とミサカはry」


美琴「みんななかよし。みんな大好き。学園都市は毎日平和です」

上条「おわり?」

美琴「おわり。バイバイ」

はてなブックマーク - 美琴「実験ってなにしてるの?」
この記事へのコメント
ビームともふwwwwww
木原くン さん

もふもふwww
板 さん

コメントを書く
お名前:


コメント:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。