TOPとある魔術の禁書目録SS >黒子「好きにすればよろしいんですわ」

2010年10月12日

黒子「好きにすればよろしいんですわ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/06(土) 23:58:41.19 ID:HRTfo4HP0
黒子「いくらお姉さまとはいえ、今日という今日こそ我慢の限界ですわ! わたくしのマスターグレードゲルルグを勝手に捨てるなんてどういう見解ですの!!」

御坂「あんたの物だって思いもしなかったのよ。また買ってあげるから」

黒子「あのゲルググは…あのゲルルグは合わせ目消しやウェザリング処理をほどこした世界に一つしかない、わたくしの宝物でしたのよ! 買って済む問題ではありません」

御坂「なにウェザ…? あぁもう面倒くさい子ね、ロボットなんてどれも一緒じゃないの」

黒子「ロボットじゃありません! モビルスーツでしてよ、宇宙服の進化形なので『スーツ』とついていますの、ロボットではありませんの!!」

御坂「はぁ……そうなんだ」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 00:27:03.50 ID:q7S7GY2U0
=模型屋=

御坂「まったく仕方ないわねあの子は…、いつのまにあんなにロボット好きになったのかしら」

店員「何かお探しですか?」

御坂「あ、すいませんこの『シャア専用』ってプラモデルはどこにあるんですか」

店員「シャア専用ならザクやズゴックなどありますが」

御坂「なにこれ、なんで専用なのにこんな沢山あるのよ…、あの子が持ってたのってどれだったかしら」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 00:34:18.32 ID:q7S7GY2U0
御坂「結構高いのねぇ、今月厳しいのに……、さて開けてみようかしら」パカッ

御坂「うわ、パーツが多いのね、さっさと終わらせないと。えっとまずは、このAの12ってやつをちぎって」ブチッ

………
……




黒子「なんですの、お姉さまの顔はしばらく見たくありませんのよ」プイッ

御坂「いい加減機嫌直しなさいよ、ほら捨てちゃったあんたのプラモデル買ってきてあげたわよ」

黒子「ほ、本当ですの?」

御坂「けっこう複雑で疲れちゃったわよ」

黒子「しかもお姉さまが作ってくださいましたのね……黒子、黒子感動ですわぁ! 一生の宝物しま」パカッ

ジオング


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 00:40:08.20 ID:q7S7GY2U0
黒子「脚なんて飾りなんですのぉぉぉぉぉ!!」ブン

ドガッシャーン

御坂「あ、あんた何するのよ! 勿体無い」

黒子「わたくしの持っていたのはシャア専用ゲルググですのよ! なんでよりによってジオングなんですの、なんで赤くない機体なんですの」

御坂「もううるっさいわね。店員さんに聞いたらこれが一番強いって言ってたから、…これじゃなかったけ」

黒子「全っ然ん違いますの! あれだけのスペックを誇っていてもガンダムと相打ちが精一杯だったジオングなんて強くもなんともありませんのよ」

御坂「いいじゃないこれもシャアってキャラクターが乗ってたんでしょ。我慢しなさいよ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 00:47:03.70 ID:q7S7GY2U0
黒子「百歩譲って、シャア専用とついていなくても、シャアが一度乗っている機体ならば百式でもリックディアスでも構いませんの」

御坂「ならいいじゃないのよ」

黒子「しかーしですの! このジオングを良く見てごらんまし、お姉さまもしや手でちぎって作りましたわね?」

御坂「そうだけど、それがどうかしたの」

黒子「手でちぎってはライナーのバリが残っていましてよ。パーツの切り離しにニッパーを使うのは初歩の初歩、ご飯を箸で食べるのと同じでございますのよ!」

御坂「しょうがないじゃない、プラモデルなんて作ったことないんだから」

黒子「プラモデルじゃありませんの、ガンプラですのよ! ガンダムのプラモデル略してガンプラですの」

御坂「はぁ……そうなんだ」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 00:56:33.59 ID:q7S7GY2U0
黒子「ほんとーにお姉さまは使えませんわね、しかもハイグレード……なんてケチな」

御坂「はい、射出ー」ブォン

ドガッッッーン

黒子「…ま、待ってくださいまし。ジオングヘッドはコックピットなんですのよ、それをレールガンの弾にするなどと!」

御坂「ジオングだがシュリンプだがしんないけど、いい加減にしないと怒るわよ」

黒子「わ、わたくしも少々熱くなりすぎてしましたわね、反省してますのよ。若さゆえの過ちといいますか」

御坂「じゃあ、ちゃんと床掃除しときなさいよ」

ツカツカツカ


黒子「……マスターグレードでしたら即死でしたわね」ゴシゴシ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:05:03.58 ID:q7S7GY2U0
=模型屋=

御坂「なんであたしが何度もこんな所に……、誰かに見られてないかしら」

店員「おや、何かお探しですか?」

御坂「すいません、このプラモデルと、それを作るニッパーが欲しいんですけど」

店員「でしたらこちらの接着剤もどうでしょうか」

御坂「接着剤? でもこのガンプラって接着剤いらずって書いてますよ」

店員「この接着剤で結合箇所をくっつけた後にヤスリで削ると合わせ目が消えるんですよ」

御坂「へぇ、それがあの子のいってた合わせ目消しってヤツか……。うぅサイフが厳しいけどそれもお願いします」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:11:51.38 ID:q7S7GY2U0
御坂「さぁーてと、工具も買ったし気合いれて作るわよ!」パカ

御坂「これがマスターグレード……、この前のよりも遥かにパーツ数が多いわね。これ全部接着剤でくっつけてヤスリ……気が遠くなるわね」チラッ

黒子「う〜ん…むにゃむにゃ、せんそうがなければララァのにゅーいぷのねざめは」

御坂「まったく人の気も知らずに、なんの夢みてるのかしら」プチプチ

黒子「じゃっじめんとですのぉあむろぉ…むにゃむにゃ」

御坂「って痛い、指切った!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:19:11.96 ID:q7S7GY2U0
フラフラ

御坂「ほ、ほとんど寝れなかったわ。なんか臭いわね……あたしの身体から接着剤の匂いが」

黒子「あら、どうしましたの目の下に隈などつくりまして。まぁわたくしには関係ございませんが」プイッ

御坂「ふふん、そんな態度をとっていられるのも今のうちよ、これを見なさい!」サッ

黒子「そ、それはまさかマスターグレードの!」

御坂「しかもちゃんとニッパーで切って、合わせ目消しまでしてあるのよ」

黒子「合わせ目消し…お姉さまからその様な単語が聞けるなんて、うぅ黒子感動でございますわ」

御坂「感動するのはまだ早いわよ、この完璧なプラモデルを見てからにしなさい!」

黒子「お姉さまの愛が詰まったガンプラなら完璧でしてよ! パーフェクトでしてよ!!」

MSN-02パーフェクト・ジオング


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:32:00.94 ID:q7S7GY2U0
>>17すまないアニメ数話しかみてないニワカなんです

黒子「ってパーフェクトの意味が違いますのよぉぉぉぉぉ!!」ブン

ドガッシャーーン!

御坂「なぁにすんのよぉアンタは! 10,500円(税込)もしたのよ!!」

黒子「そんなもの、お金持ちのお姉さまにとっては些細な金額ですわよ」プイ

御坂「オモチャに一万円も払ったのよ。何が不満なのよ」

黒子「ニッパーを使用、合わせ消し、そしてマスターグレード。初心者のお姉さまにしては上出来すぎますわ」

御坂「だったら文句垂れないの」

黒子「だから、わたくしが欲して止まないのはシャア専用ゲ・ル・グ・グですのよ! ララァのエルメスに捉まるゲルググですの!」

御坂「エルメス? このオモチャ、バッグにくっつけて遊ぶの?」

黒子「これが……若さでしてね」ガクッ


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:45:08.28 ID:q7S7GY2U0
御坂「そういえばグルググとかそんな感じの名前だったわね」

黒子「MS-14A ゲルググですのよ!」

御坂「いやぁなんだか普通のジオング作ってたら気に入っちゃってね。つい無意識のうちにこれ買ちゃった、やっぱり脚があると強そうね」

黒子「これだから素人は困るんですわ、宇宙空間において脚なんて飾りでございますのよ。大体なんで指からビームしか出さないのにわざわざ五本で間接まであるんですの」ブツブツ

御坂「はぁい、ジオングキャノン」ブォン

ドッガーーッン!!

黒子「そ、そんな機体存在しませんのよ! お姉さま落ち着いて」

御坂「なんかジオング馬鹿にされたら非常に腹が立つわね」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:51:33.66 ID:q7S7GY2U0
とりあえずネタつきるまでやってみます

黒子「ジオング素敵でしてよ! ジオンの名前が入ってるところとかラスボスにぴったりでございましてよ」

御坂「ならジオングさんにごめんなさい…は?」

黒子「ジオングさん御免なさいですわ!」

御坂「はい、それじゃジオングに三十回土下座してから床の掃除しときなさい」

ツカツカ

黒子「なんでわたくしがゲルググさんを差し置いてジオングに『さん』付けを……しかし、お姉さまの指が負傷していなければ即死でしたわね」ゴシゴシ


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 01:58:23.87 ID:q7S7GY2U0
=模型屋=

御坂「ほら、今度は黒子が選びなさい」

黒子「最初からこうすれば良かったのでしたのに、これですわよシャア専用ゲルググは」

御坂「はぁ、これもまた結構な値段ねぇ。これはしばらく玉子かけご飯かしら」

黒子「わたくしともなればいくら金型を流用だとわかっていても全てのザクを揃える覚悟で買い漁りますわよ。毎日玉子かけご飯でも一向に構いませんわ」

御坂「マニアの考えることは良くわからないわね……、じゃあレジに行くわよ」

黒子「待ってくだいまし! このガンダムカラーを忘れていましてよ」バッ

御坂「塗料かしらそれ? でもガンプラって最初から色がついてるじゃない」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 02:02:56.80 ID:q7S7GY2U0
黒子「甘いですわね、確かに最近のガンプラは素組みでも原作に近い状態を再現できますわ」

御坂「すぐみ…なにそれ?」

黒子「しかし、それだけではパッケージ写真のようにはなりませんの、このジオングの写真をみてごらんまし、全然違いましょう!」バッ

御坂「ん………違うかなぁ」

黒子「全然違いますの! これを再現するためにスジ彫りか墨入れなど色々方法がございますのよ」

御坂「あ、今週新しいCDでてるじゃない」カチカチ

黒子「ちょーっと聞いてますのお姉さまぁ!」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 02:07:47.01 ID:q7S7GY2U0
店員「ありがとうございましたー」

ツカツカツカ

御坂「スタンプカードまで作らされて…はぁ、完全に常連と思われてるわ」

黒子「げるぐぐーは空をとびー♪ びーむらいふるはじむをうちぬくー♪ しーるどなんて飾りですわよぉ」

御坂「なんの歌よそれ、周りに見られて恥ずかしいんだけど」

黒子「あら知りませんの、ゲルググ音頭ですのよ。わたくしがさきほど考えました」

御坂「そんなの知るわけないでしょ、いいから黙って歩きなさい」

黒子「楽しみですのよ〜早く帰って作りたいですわぁ」

御坂「まったく……そんな嬉しそうな顔しちゃって」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 02:12:10.30 ID:q7S7GY2U0
黒子「さて、お姉さま準備はよろしいですわね」

御坂「えぇ、塗料、ニッパー、接着剤。今度こそ死角はないわよ」

黒子「では、私は下半身を作りますのでお姉さまは上半身を」

御坂「分かったわ、力をあわせて完璧なプラモデルをつくってやろうじゃないの」

黒子「出来ますわよ、わたくしと……お姉さまなら」

御坂「いっくわよーぉ!」バッ

黒子「ララァ、わたくしを導いてくださいまし!」バッ


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 02:16:31.62 ID:q7S7GY2U0
=翌日=

御坂「はぁ…はぁ、出来た…出来たわよ」

黒子「わ、わたくしの方も完成ですわ…、スジ入れから全てこなしましたわよ。あとはお姉さまの上半身と合わせれば」

御坂「……そのまえに黒子に一言いっておくことがあるの」

黒子「あら、なんですの?」

御坂「ごめんね、アンタのガンプラを買ってに捨てちゃって……、ガンプラってこんなに面白くて…素敵なプラモデルなのに」

黒子「そんなことならいいんですのよ。お姉さまがそのガンプラの魅力に気づいてくれただけで、黒子は満足でしてよ」

御坂「あ、あんた……」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 02:30:45.91 ID:q7S7GY2U0
黒子「それではいきますわよ……わたくし心臓の鼓動が素早く波打ってますのよ」

御坂「えぇ、なんだかあたしもドキドキしてきたわ」

黒子「いまここに出力1,440kW、推力 61,500kgの『MS-14Aゲルググ』がここに!!」バッ

MG シリーズ MS-14S ゲルググ シャア・アズナブル大佐機(下半身)

御坂「さぁいっくわよー!」バッ

MG シリーズ MSN-02ジオング


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/07(日) 02:40:33.26 ID:q7S7GY2U0
黒子「なんかもう、ジャッジメントですのよぉぉぉっぉぉっぉ!!」ブォン

ドグッシャーーン!!

御坂「あ、ゴメンあたし自分用に買ったジオング組み立ててちゃった」

黒子「なんでまたジオングですのよ、何故ジオングですのよ! お姉さまどれほどジオングがお好きなんですの!!?」

御坂「まぁ、でも上半身は上半身だからいいわよね」

黒子「よくありませんわ! そんな灰色のボディにこの赤い脚がついたらアンバランスこの上ないですわよ!!」

御坂「やっぱりジオングはいいわねぇ〜」

黒子「ゲルググが…わたくしのゲルググが……」

御坂「この棚の上に飾ってもいいかしら、御坂美琴専用ジオング!」

黒子「好きにすればよろしいんですわ……」ガグッ


星の鼓動は愛
=おしまい=
はてなブックマーク - 黒子「好きにすればよろしいんですわ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:


コメント:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。