TOPとある魔術の禁書目録SS >一方通行「俺の包茎がどうしたってェ?」

2010年09月30日

一方通行「俺の包茎がどうしたってェ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 04:46:42.90 ID:Rs78pFpF0 [1/19]
黄泉川「治したほうがいいじゃん」

一方通行「別に構わねェよ」

黄泉川「……打ち止めが『あの人の股間、臭っいかも、ってミサカは(ry』って」

一方通行「あンのクソガキィ……」
      「分かったよォ。治せばいいんだろォ、治せばァ!」

 バタン

黄泉川「……部屋に閉じこもっちゃったじゃん」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 04:51:39.82 ID:Rs78pFpF0
一方通行「こんなもん……ベクトル操作すりァ一発で……」

 ギリギリギリギリ……

一方通行「なんだァ? 亀頭がコンニチワしねェ!」
      「それどころか、……痛ェ!」

一方通行「ハァ……ハァ……」
      「気にはしてなかったが、俺って真性包茎ってやつかァ?」

一方通行「……杖ェ、つくようになってからは、身体の汚れも自分で洗うようになったからなァ」

 クンクン

一方通行「臭っせェ! マジ臭っせェ!」
      「……病院で、手術しなくちゃダメなのかよォ……」

一方通行「良い医者いねえかな」
      「……カエルは『そんな事で僕に相談してきたのかい?』とか言いそうだし」
      「打ち止めに包茎手術がばれるとメンド臭ェ……」
      「どうすっかなァ……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 04:58:21.34 ID:Rs78pFpF0
――

土御門「……なんぜよ、頼みって?」

一方通行「腕の良い、それでいて口の堅い外科医が知りてェ」

土御門「怪我でもしてんのかにゃー」

一方通行「いや……包茎手術だァ」

土御門「……誰の?」

一方通行「俺のに決まってンだろが! バカにしてンのか!?」

土御門「あの……えと……」

一方通行「知ってンのか知らねェのか、どっちだァ!」

土御門「い、一応心当たりは……しかし、こいつは暴利な金をとるぜよ?」

一方通行「金に糸目はつけェ。住所と連絡先教えろ」

土御門「あ、ああ……」

一方通行「ンじゃ、世話になったな」

土御門「その……お大事に」
    (一方通行に何があった? 魔術絡みか?)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:07:08.39 ID:Rs78pFpF0
―岬のボロ屋敷―

一方通行「……学園都市の中にこんなとこがあったなンてな」
      「ったく、交通が不便で仕方ねェっつうの」

 カッ カッ カッ……

???「あんた、だれなのよさ?」

一方通行「ンあ?」
      (なんだこの幼女……! テラ可愛いじゃねえか!)

???「ひょっとして、かんじゃちゃんなのよさ?」

一方通行「かんじゃちゃ……、ああ、俺は患者だァ。ここの先生に用があってきた」

???「んじゃ、ちょっとまつよのさ。ちぇんちぇー! かんじゃちゃんがきたよのさー!」

 バシン! バシン!

一方通行(壁をホウキでブッ叩いてやがる)

??「ごほっ、こら、ピノコ! まだ年末大掃除には早すぎるぞ!」

一方通行(……なんだァ、こいつ。白と黒のツートンカラーの髪につぎはぎの顔)
      (こいつが、土御門の言ってたモグリの天才外科医・ブラックジャックだってのかァ?)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:15:47.59 ID:Rs78pFpF0
ピノコ「これがブヤック・ジャックせんせいなのよ」

BJ「これとか言うんじゃない。……君が患者か?」

一方通行「……あァ。どうしても治してもらいてェもんがあるんだ」

BJ「その、杖をついている事と関係あるのかね」

一方通行「これは別だ。……冥土返しって医者に、これ以上は無理だと言われた」
      「命があるだけ、儲けもンだとよォ」

BJ「冥土返し、か。彼が言うならそうなんだろうな」

一方通行「知ってんのか?」

BJ「医者は医者同士。腕の良さは耳に入るんでね」
  「さて、私も暇じゃないんだ。詳しい話は中で聞こうか」

ピノコ「お茶をよういするわのよ」

BJ「ん。……そういえば、君の名は聞いてなかったな」
  「ま、無理に名乗らなくてもいいのだがね」

一方通行「一方通行、だ」
      「てめェは口が堅いんだろ? 名前くらいは名乗るぜェ。クケケ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:22:46.24 ID:Rs78pFpF0
ピノコ「あくせろりーた、ってヘンななまえなのよね」

一方通行「チビガキィ……アクセラレータ、だ」

ピノコ「ひいっ! こ、こわーい!」

BJ「スマンね。この子はまだ発声練習が足りないようだ」

ピノコ「あ、あ、あくせろりーた?」

一方通行「いいさァ。それよりも」

BJ「モグリの私に頼む手術だ……誰にも出来なかった症例か、大っぴらにできないモノか、だな」

一方通行「話が早いねェ! 後者だよォ!」

BJ「……犯罪関係か」

一方通行「……別にそういうんじゃないと思うが。まあ、見てくれ」

 カチャカチャ ストン

ピノコ「きゃあ! あっちょんぶりけ!」

BJ「こいつは……」

一方通行「そうさ。包茎……それも真性包茎だァ!」

BJ「お前、バカか?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:33:45.28 ID:Rs78pFpF0
一方通行「生憎と正気だぜェ。てめェに、これを剥け剥けにしてもらいてェ」

BJ「私に包茎手術を頼むだと? こんな依頼人、初めてだ!」

一方通行「まさか……できねェってんじゃないだろうな?」

BJ「できるに決まっている! ……しかし、何故、私なんだ?」
  「一つ上の男になりたかったら、学園都市なら幾らでも病院はある」
  「真性なら保険も効く……この私がするならば、三千万は頂くぞ!」

一方通行「……学園都市、第一位」

BJ「?」

一方通行「そいつが包茎手術をしたなんて報道でもされてみろ」
      「最強から無敵どころか、包茎に悩む一般人に成り下がっちまうじゃねェか!」

BJ「……成る程な。一方通行……どこかで聞いた名だと思った」
  「そういうことなら引き受けよう。ただし、三千万だ」

一方通行「分かった。その代わり、口を割るなよ?」

BJ「無論だ。金さえ頂けば、要望どおりにするさ」
  「さっそくオペに入ろう」

一方通行「も、もうかよ……早すぎねェか?」

BJ「私は包茎手術を長引かせたくはない……十分間で全てを終わらせよう」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:42:43.73 ID:Rs78pFpF0
―手術室―

一方通行「……他人に股間を晒すってのは、いい気分じゃねえな」

BJ「手術なんだから諦めろ。麻酔を打つぞ……。 何だ? 針が曲がった?」

一方通行「す、済まねェ! 反射的にベクトル操作しちまった」

BJ「第一位も案外、大した度胸は持ち合わせていないようだな。フ、フ、フ……」

一方通行「クソッ! 言いたい放題言いやがって! アッー!」

BJ「麻酔、オーケイ。……ピノコ、その台に上がってオペを見ておけ」

ピノコ「いいの? いつもはそっとーするからだめだってゆうのに?」

BJ「今回のオペはさほどグロくもないからな。慣れるためだ」

ピノコ「ワーイ! ……ウインナーがあるのよさ」

一方通行(やべえ! ロリッ子にウインナーなんて言われちまうと……)

 ムクムク

BJ「むぅ!」

ピノコ「粗挽きソーセージになったのよさ!」

BJ「お前さんいい加減にしろよ?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:49:43.38 ID:Rs78pFpF0
BJ「ま、こんなオペは目を瞑っててもできる」

 サク サク サク……

ピノコ「うっ……けっこうちがでるのよさ」

BJ「タンポンで吸い取れ」

ピノコ「ハイ」

一方通行(俺の包茎を! 幼女が! 堪らねェぜ、こいつは!)

BJ「勃起が激しいな……汗」

ピノコ「ハイのよさ」

BJ「……縫合完了。ピノコ、私は寝る」

ピノコ「おちゅかれさまでした」

 グー グー

一方通行「おい……あの先生、大丈夫なのかよ?」

ピノコ「しんぱいないのよさ。ちぇんちぇいがしゅじゅつのあと、ぐーぐーねるのはせいこうしたしょうこらもん」

一方通行「ふゥん……」

ピノコ「きょうのばんごはんはソーセイジとアスパラガスのいためものにするのよさ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 05:58:38.54 ID:Rs78pFpF0
―翌日―

BJ「ふむ。傷跡も癒えている。これでお前さんはズル剥けだ」

一方通行「へっ……チビガキィ、どう思う?」

ピノコ「こかんをレディーにみせるのはらめなのよさ!」

一方通行「レディたァ笑わせらァ! クケラカコケラ!」

BJ「……その子の言ってる事は、間違ってはいない」

一方通行「あン?」

BJ「ピノコは奇形脳腫で〜略〜だ。今年で十八と言っても嘘ではない」

ピノコ「二十さいっていうせつもあるのよさ」

一方通行(なんてこった……合法ロリじゃねえか!)

BJ「……ちなみに、戸籍上は一才だ」

一方通行「絶望した! この世の漫画界に絶望した!」

ピノコ「……もうちゅぐ、たいいんなのに」

BJ「精神科に入院させときたいな。私としては」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 06:06:00.20 ID:Rs78pFpF0
BJ「では、代金を頂こうか」

一方通行「おゥ。世話になったな。……カードで」

BJ「なんだこれは」

一方通行「クレジットカードだよォ、文句あるンですかァ?」

BJ「大有りだ! 私に対する報酬は、現金か、小切手、もしくは貴金属のみ!」
  「カードなんて当てにならないものを信用する気になれん!」
  「読み取る機械もここにはないしな!」

一方通行「じゃ、じゃあ、帰って引き降ろして持ってくればいいンだろォ?」

BJ「悪いがお前さんを全面的に信用しているわけじゃないんでね」
  「誰か、代理人に持ってこさせるんだな」

一方通行「……好き勝手言いやがってェ! 第一位を舐めるなァ!」

 キィィィィィィィン

一方通行「こ、これは!」

BJ「キャパシティダウン……能力者の自由を奪う装置だそうだな」
  「ここで暴れられても困る。お前さんの携帯から適当に見繕って、誰かに三千万を持ってこさせる」

一方通行「こ、このクソ医者があああッ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 06:13:12.32 ID:Rs78pFpF0
BJ「ふむ……三下? こいつの子分みたいな奴か。丁度良い、こいつにかけよう」

一方通行「ゲェーッ! そいつだけは勘弁してくれェ!」

BJ「私は人の嫌がることを率先してするのが信条でね」ニヤ

一方通行「意味が違う! 絶対意味が違う!」

 プルルルルルル プルルルルルル ピッ

『はい、こちら上条さんですが一方通行がかけてくるなんて珍しいな』

BJ「悪いが私は一方通行では無い」

『……! 誰だ、あんた?』

BJ「一方通行を預かっている者だ。三千万きっかり用意して、岬の家に持ってきてくれ」

『おい、一方通行は』

 プツッ ツーツー

BJ「上条とか言う奴に頼んでおいたよ」

一方通行「ク……ケラセラセラコケラクケッ! あいつが、三下が俺の為にくるもんかよォ!」

BJ「……海が、綺麗だ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 06:20:26.04 ID:Rs78pFpF0
上条「くそっ、出ない!」

美琴「なんなの? 悪戯?」

上条「一方通行が捕まってるって……三千万を岬の家に持って来いって!」

美琴「はぁ? あの第一位が誘拐なんて……」
   「待って、打ち止めに聞いてみる」

 〜美琴電話中〜

上条「どうだった?」

美琴「……昨日から帰ってないって」

上条「ちくしょう! 砂場で遊んでる場合じゃねえ!」

美琴「もう少しでお城、出来たんだけど……」

上条「……俺は、助けに行く」

美琴「無茶よ! あの一方通行が捕まる相手よ!」

上条「俺はあいつを殴り倒した男だ! 行くぜ!」

美琴「あたしも!」

禁書「わたしはもうちょっと砂食べてるんだよ」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 06:34:47.41 ID:Rs78pFpF0
黒子「お姉さま、いかがいたしましたの?」

美琴「一方通行が誘拐されて(ry」

黒子「人手は多い方がいいはずですわね。分かりました、わたくしも参りますわ」

上条「しかし、白井は……」

黒子「むしろ、誘拐だとわたくしが適任かと。ジャッジメントですので」


土御門(まずいぜよ! 全部盗み聞きしてたから事態は把握してるけど……)
     (このままじゃ能力者同士の大きな争いに発展するぜよ!)
     (そ、その責任は一方通行にBJを紹介した俺にあるわけで……)
     (考えるぜよ! 一番、学園都市に被害が及ばない方法を!)


上条「はあ、はあ……あそこが岬の家、か」

黒子「この感じ……」

美琴「キャパシティダウン! ……くっ!」

上条「お前ら! 大丈夫か! くそ……ん? 飛行船が、たくさん……」

『臨時ニュースを発表します』

上条「音声まで……何が起こってるんだ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 06:46:59.03 ID:Rs78pFpF0
『臨時ニュースを発表します』
『学園都市第一位の一方通行(仮名)さんが、先程、包茎手術をした模様です』
『一方通行(仮名)さんのウインナーは、見事にアスパラガスになったようです』

『現場の月詠小萌(臨時)キャスター。様子はどうですか?』

『はいなのです。こちら小萌キャスターです』
『岬のお医者さんで包茎を手術した一方通行(仮名)ちゃんは、とても元気な様子です!』

『BJ! 何で報道陣が来てんだコラァ!』

『私は知らない!』

『何が口は堅いだ! 金なンか払ってたまるかってンだ!』

『ブヤックジャックせんせいのじゅじゅつはせかいいちなのよ』

『お嬢ちゃんはBJ先生のお子さんですか?』

『ころもじゃないのよさ! おくたんなのよさ!』

『えーっと、BJ先生に逮捕状が出た模様です。幼女虐待……というかロリコン容疑ですかね?』

『私は何もしてない!』

上条「……なんだコレ」

美琴「包茎……手術?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 07:02:27.60 ID:Rs78pFpF0
―数日後―

上条「まさか、第一位が包茎手術を受けたなんてなぁ」

青ピ「まあ、親近感が湧いてくるやん?」

上条「だなぁ。俺も受けるかな?」

土御門「学園都市、全区がその噂で持ちきりぜよ……ははは」
     (すまん、一方通行! こうするしか、道はなかったんだにゃー!)

『〜第一位も包茎手術! 真性包茎は今こそ手術!〜』

『〜一方通行ズル剥け記念・当医院では五割引で手術します!〜』

土御門(あの後、電話にも出てくれにゃーし……怒ってるにゃー、絶対……)

子萌「あ、上条ちゃんたち!」

上条「先生、そういえば、何で臨時キャスターなんかしてたんですか?」

子萌「それがよく分からないのですよー。都市の上の方からの命令だとかで」

青ピ「なかなか可愛らしかったですやん!」

土御門(一方通行よ、ほんとにすまん……話題性を出すために子萌先生をキャスターにまでして)
     (しかし、これで能力者の戦闘は回避されたぜよ……)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 07:09:00.59 ID:Rs78pFpF0
――
佐天「ほら! 御坂さん、一方通行包茎手術記念クレープですって!」

美琴「形状が何となく嫌ね……」

初春「もぐもぐ……アスパラとソーセージが挟んであります! 美味しいです!」

黒子「初春はソーセージの食べ方がなってませんわね」
   「もっと、こう……ねぶるように食べるのが大人の女性というものですわ」

 ネロリ ネロリ カプチュ……

初春「卑猥です、白井さん……」

佐天「じゃじゃーん! 手術前バージョンだって!」

黒子「どこが違うのです?」

佐天「ソーセージじゃなくって魚肉ウインナーが入ってるんです! それと、チーズがたっぷり!」

初春「もぐもぐ……こっちの方が美味しいですね!」

黒子「だから初春、ウインナーもこう、ねろねろと……」


美琴(こんなことになって、一方通行、大丈夫かな……)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 07:22:47.85 ID:Rs78pFpF0
――
黄泉川「……そう、気を落とすことないじゃん?」

一方通行「うるせェババァ……」

黄泉川「人の噂も七十五日って言うじゃん」
     「しばらくすれば、みんな忘れるって……」

一方通行「ンなことでへこむかよ、俺が……」

黄泉川「あ、打ち止め……一方通行が落ち込んで」

打ち止め「ヒィ! アスパラ怖いってミサカは(ry」ダダダ……

黄泉川「アスパラ……?」

一方通行「手術の後、股間を見せたンだよ……そしたら」

 打ち止め『可愛いウインナーじゃなくなってる! アスパラみたい! 気色悪い! ってミサカは(ry』

一方通行「……だとよ」

黄泉川「あー……うん。七十五日経てば、打ち止めもアスパラに慣れると思うじゃん?」

一方通行「二ヵ月半も嫌われて過ごすの、やァーだァー!」

 【一方通行・手術成功 End】 はてなブックマーク - 一方通行「俺の包茎がどうしたってェ?」
この記事へのコメント
明夫ボイスがwwwwww
とりあえずいろいろとワロタwwwwwwww
名無し さん

コメントを書く
お名前:


コメント:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。