TOP新ジャンルSS >新ジャンル「朝」

2010年08月18日

新ジャンル「朝」

9 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 05:54:44.83 ID:G62TD0bc0
女「はよーっ」
男「よーっす」
友「おう」

いつもの面子。いつもの登校路。
同じ挨拶を交わして、同じような話題で盛り上がる。
あの日まで、それが俺の「当然」だった。

明けない夜などない。
同じように陽が昇り、同じような朝を迎え、同じような日々を送る。
それが、俺にとっての全てだった……・。


11 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 05:59:53.77 ID:G62TD0bc0
男「……ん。うー、起きちまった」
男「まだ3時か? ああ、トイレ行ってまた寝よ」

zzz

男「……まーた起きちまった。今度は5時か」
男「なんだよ俺、老化でもしてんのか?w」

zzz

男「……1時。あれ」


12 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:03:34.64 ID:G62TD0bc0
男「外、暗いよな。てことは夜中の1時なのか?」
男「……嘘だろ。俺5時に一度起きだしてから寝てたはず」
男「20時間寝っぱなしって。しかも誰も起こしてくんないとか」

男「やべえな、最近夜更かししすぎたのかも。寝よ」

zzz


13 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:13:22.79 ID:mSLhw7uI0
そして20年の歳月が過ぎた


14 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:14:09.64 ID:G62TD0bc0
PM 9:00

男「……今度は16時間睡眠か?」

記憶喪失?
違う。女や友と笑銀の話しながら帰ったのが最後。
それから、俺は一度も外に出ていない。

男「さすがに、今から寝たらちゃんと起きられるよな?」


15 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:19:40.04 ID:G62TD0bc0
男「あー、だり……ん?」

PM 10:00

おかしい。一時間で目覚めるはずが無い。
それに俺の身体が、もっと寝たと主張している。
このだるさは、どちらかというと、長く寝すぎた時のような。
バカな。また昼間を通り過ぎたとでも?

男「……ようし、わかった。次は起きてみようか」

体力には自信があるほうだ。
どうしても起きられないなら寝なければいい。
さすがに、今の状態はやばいだろう。
明日こそ女や友と登校……!


16 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:23:37.37 ID:G62TD0bc0
PM 11:30

男「つか、起きてみると滅茶苦茶暇だな」
男「夜を生きる男の友、TV&イヤホン!!」

砂嵐

砂嵐

砂嵐

砂嵐

砂嵐

男「……」


17 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:29:14.73 ID:G62TD0bc0
AM 0:00
男「ラジオもダメと来た」
男「ネットは……生きてるけど、更新が止まってるな」
男「友のmixiも、てまておいおい」

がさごそがさごそ

男「……やっぱり。俺が覚えてる限りで、最後に読んだ新聞」

同じ、日付


18 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:34:07.61 ID:G62TD0bc0
男「勘弁してくれよ、ゲームや漫画じゃあるまいし!」

適当にネットサーフィンをしてみる。
yuhooニュース。3ちゃんねる。
どんどん広げて、グリニッジの公式サイトまで。

男「……なんで止まってるんだよ。なあ」

AM 1:30


20 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:48:26.98 ID:G62TD0bc0
カチ、カチカチ

結局、独りで時間をつぶす事にした。
狩りでもしてれば、すぐ朝になるだろう。

男「……誰もログインしてこないな」
男「おk、レベルうp」

AM 2:45


21 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:49:37.00 ID:iaj1e0wG0
ペールギュント組曲『朝』


23 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 06:56:28.50 ID:G62TD0bc0
男「俺TUEEEEE! ライバルいねええええええ!」
男「……てあほか」

AM 3:30

男「ようつべでアニメでも漁るべ」

AM 4:50

男「……いかん、そろそろ体力が」
男「てしっかりしろ俺。顔でも洗ってくるか」

AM ……


24 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:01:36.55 ID:G62TD0bc0
男「嘘だ……嘘だっ!」
男「いや、割と真剣にレナになりたい気分だよ? だよ?」

PM 9:00

男「寝てなんかない。俺は顔を洗ってきたんだ」
男「……」

昼間が、飛ばされた?


25 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:06:31.15 ID:G62TD0bc0
と、ここまで書いたけど眠くなったのでおやすみ


26 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:19:46.88 ID:xjC/bKrV0
おいィ?


27 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 07:44:34.71 ID:b0jKCUBjO
おい今から面白くなってきたのにやめんなよ

低身長寮母さん


28 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:46:28.63 ID:G62TD0bc0
よくねた


29 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:48:45.98 ID:G62TD0bc0
男「……? なんだ、眠く」
男「なはずねーだろ。一晩起きただけだぞ?」
男「そもそも、その前には長時間爆睡……」

z……zzz


30 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:52:39.07 ID:G62TD0bc0
AM 0:30

また、身体は長時間眠った事を示した。
けれど今の俺には、確信が持てない。

男「……また、月夜か」

だって、朝が来ないんだ。
日が昇らない。誰の声も聞こえない。

こんな世界で何を信じろと?

カチ、カチ、カチ


31 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 07:58:00.03 ID:G62TD0bc0
知らない部屋に閉じ込められたとしよう。
真っ暗で何も見えず、何も聞こえない。

不安と恐怖でたまらないだろうな。
泣き叫んでしまうかもしれない。

けれど、それでどうにかなるだろうか。
動け。探れ。まずは考えろ。

男「勘弁してくれよ、俺は、頭使うの……!」

髭、伸びてない。


32 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:01:49.98 ID:G62TD0bc0
男「少なくとも三回、時計の針は戻ってたよな」
男「しかも一回は一晩中起きて確認した」

なのに、髭が全然伸びてない?

男「おいおい、睡眠は老人並で顎は幼児並ってか?」

窓に姿を映してみる。
普通だ。見慣れた俺だ。

男「時間が経ってないってことか?」

繰り返される夜。経たない時間。
更新されないネット。新しく届かない新聞。

男「……ループ?」


34 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:11:41.08 ID:G62TD0bc0
男「ふざけんな! どっかの百年の魔女の仕業ってか?」

ガンッ

妹「……お兄うるさーい」
男「!?」
妹「何ー、格ゲーで興奮したとか?」
男「い、妹! お前起きて」
妹「そりゃあんな音出されたら……お、お兄?」

そうか、ループだもんな。
てことは一周するまでなら、時間の流れは正常。
期間内では、「普通の夜」なんだ。
他は時間が止まるとか、起きないとかいうふざけたことは。

男「……は、ははは」
妹「てちょっとどうしたの。泣き笑い!?」
男「いや、ごめんな」
妹「もしかして夜中にホラーゲームしたとか? まさか年齢制」

久しぶりに、人の肉声を聞いた。
その当たり前が、今はとてもありがたかった。


35 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:16:22.50 ID:G62TD0bc0
妹「……見損なったよ、お兄」
男「へ?」
妹「純粋な格ゲーマニアだと思ってたのに、
  そんなSFかホラーかギャルゲーみたいな」
男「待て待て落ち着け。本当の話だ」
妹「妄想と現実の区別はつけなよ、ループって」
男「俺は確かに見た。な、頼むよ信じてくれ」
妹「むにゃむにゃ、いくら私が眠たげだからって」
男「わかった、じゃあゆっくり寝ててくれ。起こすから」
妹「うん」
男「妹、よーく時計を見とけよ?」
妹「はいはい」

AM 1:10


36 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:21:28.03 ID:G62TD0bc0
妹「嘘だ……嘘だっ!」
男「残念ながら、そのネタはもう俺がやった」

AM 0:00

妹「お兄、時計に悪戯したでしょう」
男「じゃあPCのも見てみるか?」
妹「違うもん。絶対お兄の悪ふざけだよ」
男「妹」
妹「ループなんて、あるわけ、ぐすっ」
男「泣くなよ、大丈夫。怖がる事は無いから」
妹「うう……」
男「とりあえず、死にはしない。俺もいろいろやったけど大丈夫だから」
妹「……うん」


38 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:25:08.95 ID:G62TD0bc0
男「朝まで起きて時間が巻き戻ったら、お前も信用するか?」
妹「いいよ、わかった。お兄を信じる」
男「よし、二人で相談して対策を採ろう」
妹「ん、でもごめん……眠い」
男「へ?」
妹「おかしいな。お話して、泣くくらい興奮したのにもう眠くて」
男「まあ、俺が音で起こしたわけだし……」
妹「むにゃむにゃ、ごめんお兄」
男「わかった、じゃあこうしよう。俺が今度起きたときにお前を起こす。
  もし妹が起きた場合は、必ず俺を起こしに来る事。いいな?」
妹「うん……」

すーすー


40 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:31:51.39 ID:G62TD0bc0
男「で、三回連続で俺が起こしにきたわけだが」
妹「ごめんお兄。まだ眠い」
男「そこなんだ。俺自身、睡眠を挟んでるだろ?」
妹「なのにいつも私だけ寝不足」
男「変だよな。父さんや母さんなんか、一度も気付かずぐっすりだ」
妹「年齢と体力の差の気もするけれど」
男「……母者の主婦パワーを知っての物言いか?」
妹「いや、これは失敬」
男「大々的に調べる必要がありそうだな」


41 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:38:55.77 ID:G62TD0bc0
男「妹に夢中で今の今まで気付かなかったわけだが」
妹「だいぶいかがわしいフレーズだよ、お兄」
男「この前狩りしたネトゲ、リセットされてる」
妹「ふえ?」
男「ループ前に戻ってるってことだ。おそらく他のものも」
妹「そんな……」
男「俺の髭は伸びないし、お互い腹も減らない」
妹「でも、私はお兄に何度も起こしてもらったの覚えてるよ?」
男「そこなんだ。で、何周も回って仮説を立てた」


43 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:41:30.81 ID:G62TD0bc0
A:ループの幅は21時ごろ〜5時ごろ(仮に1日とする)
B:1日が終わるごとに、人・物の状態や電子データなど有形の者は全て元に戻る。
C:ただし、記憶など形を成さないものについてはこの限りでない。


44 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 08:44:48.14 ID:G62TD0bc0
そこなんだ二回も使った……つか全体的に語彙がorz
まだ眠いんかな。ちょっと休みますか


45 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 09:05:01.62 ID:zrvdzhRDO
おつかれさまんどりる!


46 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 09:13:40.76 ID:G62TD0bc0
妹「でもさお兄、この前作戦会議が長引いたとき特に疲れが酷かったよ?」
男「確かに、俺もあの後は長く寝た気がする。ループしてるから感覚でしかわからんが」
妹「身体の状態が戻るなら、それっておかしくないかな」
男「……。いや、眠気以外はどう考えても元に戻ってる」
妹「睡眠だけ特別って事?」
男「夜だけの、テレビ局のスタッフからネットの管理者から眠ってる世界だしなあ」
妹「そもそも疲労って有形? 無形?」
男「俺に聞くな」
妹「そうだよね。お兄に哲学的なこと聞いてもね」
男「なんだとこのっ」
妹「わーんお兄が理不尽ー!」
男「あんまり項目増やしたくなかったんだけど、例外ルールだな」


D:睡眠時間(眠気? 体力?)は特例。疲労が蓄積する。


47 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 09:15:02.75 ID:G62TD0bc0
男「このままじゃ、不確定要素が多すぎるな。もっと人がいれば」
妹「お父さんとお母さん起こす?」
男「ん……何日も前の事だからおぼろげだけど、父さん出張帰りじゃなかったっけ?」
妹「あ。そういえばお母さんも夜遅くまで相手してた気がする」
男「なら起こしてもしょうがない。疲れてぐっすりの状態でループに入ったんだからな」


妹「両親の方が疲れてるって、家庭的にどうなんよ」
男「しゃーないだろ。俺は部活休みで課題なしの日だったし、お前も似たりよったりだし」


48 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 09:15:23.02 ID:G62TD0bc0
妹「……で、なんで女さん家に向かうわけ?」
男「まあ、ご近所の知り合いなんで」
妹「なーんか下心を感じるー」
男「い、言っとくけどこんな状況下でおいしいとかそんなこと考えてはないからな!?
  同じクラスだからあいつも課題ないし、一緒に下校したから早く帰ってるはずだし。
  体力温存してそうだと考えたわけで何も恋路がどうのこうのというのは一切混じって」
妹「必死乙w」

男「……妹?」
妹「ふえ」
男「ちょ、おま、何vipperになってるんだよ」
妹「お兄落ち着いて」


49 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 09:15:36.60 ID:G62TD0bc0
妹「とりあえず……あれ」
男「どした?」
妹「どうしよ、玄関開かないよ。閉じ込められた!」
男「え、何言って……」

ガチャン

男「ほれ、行くぞ」
妹「……?」


51 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 09:42:36.48 ID:zrvdzhRDO
おつかれさまんどりる!


64 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 13:52:47.73 ID:G62TD0bc0
妹「鍵は閉めたけど、チェーンなくて大丈夫?」
男「内側からは閉めらんないからな。ま、いけるだろ」
妹「もう、いい加減なんだから」
男「いや一応理由はあるぞ」
妹「え……うちの見た目がしょぼ」
男「せめて質素と言いなさい。そうじゃなくて、テレビつかなかったろ?」
妹「うん」
男「ラジオもなし交通もなしと来てる。つまり本来夜起きる人たちも寝てるんじゃないかって」
妹「つまり泥棒さんも寝てるだろうってこと?」
男「そゆこと。ああ、あっちのコンビニも開いてないみたいだし」
妹「私達みたいに起きだして来るかもよ?」
男「そうなったらそうなっただけどね。せいぜい眠気なしで行動できるのは一時間程度だろうから」

ガサッ

男&妹「!!」


65 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 14:03:20.31 ID:G62TD0bc0
ゆら……。

妹「泥棒ー!!!」
男「ゾンビー!!!」

ダダダダダッ
ゆら……。

妹「追っかけてくる追っかけてくる追っかけてくるー!」
男「つかなんだよ妹、泥棒って!」
妹「だってほっかむりに唐松模様の風呂敷だよ?」
男「そんなレトロな泥棒いてたまるか!」
妹「お兄こそゾンビなんているわけないでしょー!」
男「て走りながらこんだけ喋れるってすごい肺活量だな俺たちいいい」
妹「それは言わないお約束ううう」

男「……あれ、消えた?」
妹「ほ、ほんとだ。助かったあ」

へなへなへな


66 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 14:11:30.26 ID:G62TD0bc0
一口メモ

×唐松模様
○唐草模様

例の、渦潮だか触手だかがわからないうねうねぐるぐる模様のことですね。
何故泥棒に唐草模様のイメージが定着したのでしょう。

昭和時代、メジャーな嫁入り道具の中に風呂敷がありました。
中でも唐草模様の風呂敷は、繁栄の象徴として人気だったのです。
伸びる触sじゃなかった蔓のように、おにゃのkじゃなかった幸運をつかみとってくださいってことですね。
ところがこの風呂敷、奥さんの荷造りだけでなく泥棒にとっても便利だった!
盗んだ品々をその家の箪笥に会った風呂敷に包んで持ち去るわけです。
だから、メジャーだった唐草模様の風呂敷は泥棒のイメージがついてしまったわけです。



以上、本編の進行には全然全く関係ない一口メモでした。


68 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 14:27:27.06 ID:G62TD0bc0
男「……整理しよう。確かにお前は泥棒を見たんだな?」
妹「うん、四方八方どこからどう見ても泥棒だった」
男「でも俺が見たのはゾンビだった」
妹「お兄、だから妄想と現実の区別」
男「夜がループしている状況で言うか?」
妹「だってー」
男「いいんだよ、ワリオハザードのリアルなグラフィックに迫るゾンビの
  グロく生々しく見ているだけで吐き気を催しそうな外見を詳細に語っても」
妹「ガッシ!ボガ!」
男「やめて、妹ちゃんやめてっ」

妹「ふんっ」
男「いてて……まあ、ともかく俺らが見たものは、食い違ってたと」
妹「それに、ぱって消えたよね」
男「タイミングは、俺たちが肺活量を気にしだした頃?」
妹「つまり、注意が逸れたってことだよね」


69 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 14:35:04.77 ID:G62TD0bc0
男「……お前、泥棒は怖いか?」
妹「怖くなかったらうちに入られるかなんて心配しないよ」
男「俺もゾンビは怖い。特に追跡者ともなると」
妹「詳細はいいから。要するに自分が怖いと思うものを見たって事?」
男「そうなる。茂みが動いて、俺たちはそれぞれ怖いものを妄想したんだ」
妹「何それ……やだよ。起こっちゃ嫌なことが起こるんでしょ」
男「大丈夫だって。怖がるのをやめたら、あれも消えたろ?」
妹「そっか、肺活量の事考えて進めばいいんだね!」
男「いや、肺活量限定にせんでも」

妹「というか、私が泥棒心配してるのにお兄はゾンビ……」
男「うぐおっ そこに時間差で突っ込むか!」
妹「うぷぷぷぷ」
男「ぬぐぐぐぐ」


70 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 14:36:57.27 ID:G62TD0bc0
この後女とか他の♀キャラも出てくるんだけど、現時点で
人気投票みたいなことやったとしたら妹断トツになるんだろーなーとふと。


71 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 14:50:39.46 ID:G62TD0bc0
男(待て、ということはもしかしたら)
妹「どうしたのお兄?」

濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女
濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女濡れ体操服の女

男「ダメか……恐怖とかそういう妄想しか具現化しないんだ」
妹「ああ、あんまり急な展開ですっかり試すの忘れてた」
男「まー実現しないとわかっただけでもよしとしよう」

妹(さっすがお兄。それであんなに必死になってたんだね)
男(濡れ体操服の女……)


73 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:09:26.51 ID:G62TD0bc0
妹「着いたはいいけど、どうやって中に入ろう」
男「そりゃ、チャイム鳴らして入れてくださいだろ」
妹「家族の人まで起こしちゃわない?」
男「人手は多いほうがいいさ。どうせ長々説明することになるんだろうし」
妹「なんかこんな時間に、悪い気がするなあ」
男「非常識なループが起こってるのに何を言う」

ピンポーン

妹「……起きないね」
男「もっと強烈な音じゃないとダメなのか?」
妹「待って!」

くすん、くすん……

男「女!」


74 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 15:16:41.41 ID:bQLr0Z07O
面白くなって来たwwwwwwwww


75 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:21:04.11 ID:G62TD0bc0
女「おと……こ?」
男「どうした、女。何かあったのか?」
女「開かない」
妹「?」
女「扉が開かないの!」
男「鍵は?」
女「開けたよう。でも開かないの……ぐすっ」
男「妹、これって」
妹「うん」

ガチャン

女「!」
妹「こういう物語だと、ドアが開かなかったりするから」
男「妄想のせいで出られない、か。厄介だな」
妹「具現化したら、物にも影響を及ぼすってことだね」
男「さっきの泥棒やゾンビも、もしかしたら本当に……」
女「ま、待ってよ話が見えないってば」


76 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:25:21.70 ID:G62TD0bc0
A:ループの幅は21時ごろ〜5時ごろ(仮に1日とする)
B:1日が終わるごとに、人・物の状態や電子データなど有形の者は全て元に戻る。
C:ただし、記憶など形を成さないものについてはこの限りでない。
D:睡眠時間(眠気? 体力?)は特例。疲労が蓄積する。
E:恐怖や悲観など、マイナスのイメージは具現化し有形の物に干渉する。プラスの妄想は形にならない。
F:妄想した本人以外に、その効果は及ばない。


男「こんなとこだな。だから、開かないってイメージを持ってなかった俺にはすんなり開けられた」


77 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:30:59.46 ID:zaHps9MWO
濡れ体操服は良いよなあ


78 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:31:33.63 ID:G62TD0bc0
女「そっか、私はABCDくらいまでしかわかんなかった」
男「妹もいたからな。俺一人だとCかD止まりだっただろ」
女「男。ううう、えっく」
男「おい、女……」
女「怖かった。お父さんもお母さんも信じてくれないしほとんど起きないし。
  外に出ようとしてもダメで、もう独りぼっちでこのままかと思ってた……!」
男「だ、大丈夫だ。もう俺たちがいるから。な?」
女「うん」ぎゅ〜っ

すがりついて泣く女は、いつもの快活なイメージとはかけ離れていた。
俺たちが来るまで、こいつは孤独と戦い続けてきたのだろう。
細かく震える、華奢で小さなその身体。思わず俺は――

男(あー、これで濡れ体操服かミニスカメイドの格好だったらなあ)
妹「お兄デレデレしてる」


79 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:42:27.84 ID:G62TD0bc0
女「ん……なんか、安心したら眠くなっちゃった」
妹「私も。むにゃむにゃ」
男「そういや、ずっと行動してたからな。いったん寝るか」
女「うん。あああの男、寝るから……」
男「わりい、そうだ。俺は別の部屋行くから」
女「違うよ逆なの、側にいて?」
男「!?」
妹「!!」
女「起きてる人にやっと会えたのに、離れるの怖いよ。
  もう会えなくなるかもって。だからお願い……」
男(何このしおらしいヒロイン!? そんなに辛かったのか)
男「……わかtt」
妹「ちょちょーっと待った! 私も一緒だかんね?」
男「へ、あ、お、おう」

女(何ようそりゃ妹ちゃんを追い出す気は無かったけど、
  あそこまで警戒感丸出しで言う事ないじゃない!
  ほんとは男と二人っきりの方がもっといいのにい)
妹(そりゃ女さんが辛かったのは想像できるけど、
  ちょっとお兄にべったりして密着しすぎなんじゃない?
  現時点で出番は圧倒的に私の方が多いのにこの泥棒猫)

女&妹「〜〜〜〜〜!」
男「な……なんかピリピリしてるのは気のせいですよね?」


80 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:44:35.24 ID:G62TD0bc0
妹「すー、すー」
女「くう、くう」

男(てか結局お手々つないで寝るのかよ! 俺真ん中かよ!)

妹「むにゃむにゃ、お兄……」
女「男お」

男(名無しのみんなあ、オラに理性を分けてくれえ!)


81 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 15:49:01.11 ID:G62TD0bc0
4時のおやつ食べてきます。
男のハーレムを阻止したい人はねーむれーねーむれーと書き込んで寝かしつけといてください。


82 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 16:08:51.82 ID:iRI9G8s00
ねーむれーねーむれー


83 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 16:10:41.94 ID:n2gRzsgW0
わっふるふるたべた〜らとまら〜ない


84 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 16:40:22.40 ID:F3f6PuHl0
ねーむれーねーむれー


85 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 16:43:28.83 ID:93+Wm8atO
たーらこー
たーらこー


86 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 17:10:00.13 ID:F3f6PuHl0
ねむーれーねーむれー


87 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 17:15:38.57 ID:G62TD0bc0
男「ん……おい、女。妹」
女「ふああ、うーん」
妹「むにゃむにゃ……」
女「おはよう、男。ておはようってなんか変か」
妹「起きた途端にこんばんはってのも違和感ですね」あ
男「あはは――」

男(おかしい。俺はあれから悶々として寝付けなかったのに。
  何故先に安心して寝たこいつらの方が長く目覚めないんだ)

女「どうしたの男、具合でも悪いの?」
妹「とりあえず妄想はやめときなよ。ゾンビに襲われたくないでしょ?」
男「ああ、うん」

男(まさか、女は睡眠のサイクルが長いとか?)
男(そういえば、妹に至っては俺に起こされないとずっと寝てる)

これは一体……。


89 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 17:46:04.36 ID:G62TD0bc0
女「で、次は友のところね?」
男「俺たちがルールA〜Dをまとめるのに十数日」
妹「そして女さんのところに一泊、友さん大丈夫かな」
女「さすがに泣きはしないよねーなんて、あはは……は」
男「急ごう」

ダダダダダッ

男「友!」

友「うおっしゃああ練習時間充実、もう男にストレートファイターでは負けん!」
女「心配したあたしらが馬鹿だった」
妹(こういう人なんだ……)


90 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 17:48:41.66 ID:t0nYnH+R0
友、いいキャラしてるなぁwwwwww


92 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 18:08:01.23 ID:G62TD0bc0
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん
白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん白スク水の妹ちゃん

女「あの、友。何を頑張ってるか知らないけどルールEには後半があって」
男(わかるよ友……誰をどんな姿にしているかはわからないが、志はわかるよ……)
妹(なんか身の危険を感じるなあ)


93 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 18:12:29.83 ID:G62TD0bc0
友「んー、いきなり並べられても頭がこんがらがる」
女「私だって混乱しているけど、本当みたいだよ?」
男「とりあえず人手は確保できたし、後は解決策だ」
妹「でも、どうやって? 時間のループなんて」

女「時間軸が、どっかで輪になったとか?」
男「それじゃ軸じゃないじゃん。どこまでも真っ直ぐじゃないと」
妹「過去から未来への流れが変わってるのも変な話だし」
女「そもそも11次元論から考えるとループというのは」
男「折りたたまれた座標軸から考えるに」

友「おーいお前ら、俺だけじゃなくて読者のみなさん置いてきぼりにしてるぞ?」


94 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 18:22:58.52 ID:G62TD0bc0
妹「まあ、乏しい知識を元に背伸びはしてみましたが」
男「わっかるわけねーよな。できたら俺たち天才物理学者だ」
女「もしそうだとしたら、もう戻す方法ないのかな」
友「そういうレベルで世界が変わったなら、受け入れるしかないけどさ」

男「……おお、そうか。もっと低いレベルの話もあるのか」
友「そうそう。百年の魔女だかタコの魔物だかが時間を操ってさあ」

女「二人とも、ゲームの話で一般人を置いてってるよ」
妹「無駄だよ女さん、読者はついていける範囲だから味方してくれなさそう」


95 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 18:34:36.75 ID:n2gRzsgW0
やっと承まで来たか?


96 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 18:35:10.48 ID:G62TD0bc0
友「よーするに、根本的な物理法則が変わったわけじゃないかもしれない」
男「誰かが捻じ曲げてるなら、その誰かを何とかすればいいってことだな?」
妹「なんか出発点からは想像もできないまともな答えだね」
女「妹ちゃん無駄だよ。この二人があの手の話題で盛り上がるとツッコミ無効化されるから」

妹「……でも、それが正しいとして原因の人を探す方法は?」
友「検証する方法もなければ、具体策も無いからなあ」
女「そーだ、想像してみたら? 例えば黒幕の人が襲ってくるーとか!」
男「やってみっか」

……。

……。

……。

女「何も起こらない上に、眠くなってきたね」
男「!」
友「そういやそうだな、一回休むか」
妹「繰り返しなだけだから、制限時間ないもんね。おやすみ」

くうくう すーすー がーがー

男(……違う)

女たちの活動時間が、短くなってきてる?


98 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 18:53:14.65 ID:G62TD0bc0
人体実験、という程の事ではない。
ただ俺は賭けに出てみた。
もしかしたらこのまま、状況が悪化するかもしれない賭け。
でも、このままじゃ三人ともずっと眠ることに……!
あいつらを、一度起こさず寝かし続けた。

女「こんにちばあ」
友「女、違和感あるからってその挨拶はどうかと」
妹「ふざけてないで会議会議ー!」

ループする時計では日数が測れないが、それでも針は生きてる。
みんなは、普段より長く寝たところ通常の活動時間を過ごした。
寝溜めはできないが、睡眠を削った分はきっちりつけを払わされるのか。

……何故俺だけ?
何故俺だけ、この8時間のスパンのうち2時間起きていることを許される。


100 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 19:08:36.14 ID:G62TD0bc0
女「必要睡眠時間?」
男「ああ、俺だけ明らかにみんなより短いんだ」
妹「私はお兄に起こしてもらわないと寝たまんまなような」
男「もしかしたら、ループに入る前の状態に起因しないかなって」
友「覚えてねーよ、もう何日……日か。ともかく、過ごしたんだし」
男「だよなあ」
妹「お兄部活も課題もなかったって言ってたっけ?」
男「そうだっけ。てことは、やっぱ疲れて無かったってことか?」

男「あーくそ、メモっとけば!」
女「それは無駄なんじゃないかな、ルールBがある」
男「……そうか」
友「男、焦らず行こうぜ。気長に頑張るさ」
妹「友さんゲーム談義しかしてないよね」

メモがない。つまり、俺たちの記憶しか蓄積する手段がない。
一度に覚えておける量など、人間である以上たかが知れてる。
俺たちには、勝つ手段はないのか……?


101 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 19:17:24.35 ID:G62TD0bc0
A:ループの幅は21時ごろ〜5時ごろ(仮に1日とする)
B:1日が終わるごとに、人・物の状態や電子データなど有形の者は全て元に戻る。
C:ただし、記憶など形を成さないものについてはこの限りでない。
D:睡眠時間(眠気? 体力?)は特例。疲労が蓄積する。
E:恐怖や悲観など、マイナスのイメージは具現化し有形の物に干渉する。プラスの妄想は形にならない。
F:妄想した本人以外に、その効果は及ばない。

女「男、だからメモは……」
男「持ち越すことはできない。けど、復習しないと忘れるからな」
妹「確かに、起きるたびに書いていたら覚えてられるね」
男「いやあこれを普段からやってたら、もっと成績よくなるんだけどな
女「あはは、私も実践してみよっと」

友(……とかなんとか言いながら読者のために貼っているのをごまかしている。男、恐ろしい子!)


102 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 19:26:24.65 ID:G62TD0bc0
女「でもさ、その原因の人がいるとしたらなんでこんなことするのかな」
友「どうしてって……」
女「時間をループさせて、誰も起き出して来ないつまらない世界を作るんだよ?」
妹「確かに、何か目的がないとする意味ないよね」

友「やっぱここは、誰かが殺されそうになっててだな」
男「何その著作権的に問題大有りな仮説」
妹「お兄、散々パロだしてきて今更それはないよ」
女「……でもそれじゃあ、夜じゃまずいんじゃない?」
男「だよなあ。暗いし人がいないんじゃ、助けも求められない」
友「そもそもループだけじゃなくて具現化がなあ」


男「……あれ?」


105 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 19:27:29.82 ID:G62TD0bc0
ちょっと晩御飯作って食べてくる。
保守してくれてる人、ほんとありがとね


109 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 19:45:01.92 ID:1rL7XOhn0
ちょ
「……あれ?」
で止めるなwwwwwww


112 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:09:29.13 ID:G62TD0bc0
男「おかしいよな。なんでルールEがあるんだ」
妹「それこそ今更だよ、お兄。泥棒とか見たじゃん」
男「いや、あるのはわかってる。なんであるんだ?」
女「……嫌な妄想で苦しめたいとか?」
男「それなら、今度は寝かせる説明がつかない」
友「確かに俺は、ちゃんと萌えrじゃなかった楽しい夢も見たしな」

女「ここでもループ、かあ」
男「いや、切り離して堂々巡りするんじゃない。共通点を見つけよう」
妹「夢も妄想も、似たようなものだとは思うけど」
友「この前黒幕に襲われるって考えたときは、ダメだったよな」
男「そこだ。決して良い想像ってわけでもないのに何故かって考えた。」


114 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:17:54.84 ID:G62TD0bc0
1、「黒幕」という指定が抽象的過ぎてイメージできてなかった。
2、黒幕の登場の後の解決も意識したため、プラスイメージルールに引っかかった。
3、プラス、マイナスという線引きが間違っている。

男「俺が考え付いたのは、こんなところだ」
女「1は微妙じゃない? 今まで見てきた実体化した妄想、そんなに具体的なものじゃなかった」
妹「確かに私も、はっきり泥棒を頭に思い浮かべてはなかった。ただ、泥棒が出たら嫌だなって」
友「2だと、俺たち四人全員が失敗したことになるな」
女「ただ襲われてBADEND、てな考えは自分からしたくないもん」

男「それなんだ。俺が3を書いた理由は」
友「え?」
女「私の言ったことから、±の他にもう一個基準が出せるの?」
男「夢と泥棒やゾンビの共通点。そして、黒幕の登場との線引き」
妹「……意志が絡んでいるかどうか」
男「そーいうことだ」


115 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:19:54.83 ID:G62TD0bc0
自己パロディー

男「それなんだ。俺が3を書いた理由は」
友「え?」
女「私の言ったことから、±の他にもう一個基準が出せるの?」
男「夢と泥棒やゾンビの共通点。そして、濡れ体操服の女との線引き」
妹「……」
友「……」
女「……わ、私の濡れ体操服ってどういうこと!?」
男「いいや待て違うんだ、これは何かの手違いでえ!」

友「てか、俺驚き役とか議論のかませ犬にしかなってなくね?」
妹「書き手が知能レベルの差別化を図ってるとか」
友「だあああれがアホキャラじゃあああああ!」(妹ちゃんの白スク水は願ったがああああ!)


116 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:26:16.96 ID:nPX3VGHl0
友のキャラがw


118 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:33:37.84 ID:G62TD0bc0
夢は見ようと思ってみるものじゃない。
恐怖の妄想なんて、もっとそうだ。
どちらかと言えば見たくないのに本能が湧き上がらせる。

女「自然と見てしまう光景、てこと?」
妹「こうしよう、したいって意志は排除するんだ」
友「はあ。ここの魔女様はえらく狭量なんかい」
男「つまり、夜のループも妄想の具現化も一つに繋げられるわけ」

友「なーんだ、簡単なことじゃん。したいことがわかればさ」
女「何かいい案思いついたの?」
友「邪魔してやればいいのさ。そうしたら、絶対なんらかのアクションを見せるだろ」
男「……友。お前まだ一人の華奢な少女を思い浮かべてるのか?」
友「例えごつかろうと、四人いるんだぞ? いざとなったらクラスのみんなを起こして」
男「違う、そっちの力じゃない。相手は妄想を具現化させる魔力があるんだぞ?」

男「もうちょっと世界を捻じ曲げたら。例えば俺たちを消しにきたらどうするよ」
妹「いや。いや……」


119 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:37:37.16 ID:G62TD0bc0
妹「女さん!?」
女「いや、消えるなんて……怖い……」
友「かか身体が。俺があんなこと言ったから消しに?」
男「違う、ルールFだ! 女、落ち着けっ」
女「えうっ」
男「消えるかもしれないって妄想のせいだ」
妹「そっか! 妄想が自分自身に影響を及ぼすことも」
男「怖くないよ、大丈夫。ここについてるから」ぎゅっ
女「〜〜〜〜〜っ!」

しゅうううう

女「お、男お」
友「悪かった。俺が無用心なこと言ったせいで」
女「気にしないで。大丈夫だから」
男「理論を展開しないと前に進めないしな」

妹(私も。私も消えればお兄に……って意志が絡んでるか)

121 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:50:43.39 ID:G62TD0bc0
くう くう
すー すー
ピコピコピコ

友「どうやら、俺も少しは活動時間が長めらしいな」
男「この上達度合い……どんだけ練習したんだよお前」
友「ふはははここでキャンセルから降龍拳じゃあ!」
男「甘いわかき消しコマンド!」

男「……友。ありがとな」
友「んあ?」
男「さっきのやり取りで、俺わかったんだ」
友「おお、なんかいい方法見つけたか!」
男「ただこれは、憶測でしかない」
友「……」
男「魔女の真の力、つかそもそも魔女自体がいるかどうかさえな」
友「なーんかハイリスクハイリターンなこと考えてません?」
男「やっぱわかるか」
友「じゃなきゃ、俺は友をやっていない。同級生Aをやっている」
男「何その目が隠れちゃいそうなポジション」
友「乗ってやるよ。俺もな、こんな世界には飽き飽きしてんだ」
男「友……!」
友「寝顔は素晴らしいが、昼でないと女性の汗や透ける服やパンチラは見られん!」
男「友……」


122 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:51:18.31 ID:G62TD0bc0
毎 度 ー 、 お 騒 が せ し て お り ま す

こ ち ら は 男 党 男 党

夜 を 終 わ ら せ 朝 を 迎 え ま し ょ う

こ ち ら は 男 党 男 党


友「うはwwwww真夜中に選挙カーとか迷惑どころの話じゃないwwwww」
男「ここまでやるともう気分爽快だなw」
友「しかも窃盗、無免許運転と来た。もうインモラルの塊って感じ?」
男「まあここまでやれば、アクション返ってくるだろう。睡眠妨害も甚だしいからな」
友「魔女様の御意志に真っ向から逆らうわけか。大丈夫か?」
男「大丈夫、女が消えかかったのを止められたときに気付いたんだ」
友「へえ……大人しく聞いておこうか」
男「あのとき、もし女が消えていたら魔女にとっては好都合だったろう。
  なんせこれ以上ない牽制材料だからな。俺たちは消滅を恐れて動けない」
友「そりゃま、夜が嫌だからって死ぬのはもっと嫌だからな」
男「逆にそれに気付くような状況が与えられたのに、俺は消されない。変じゃね?」
友「……そうか! 万能じゃないって知っている人間が誕生するんだもんな」
男「そう。少なくとも魔女様は、なんでも好き勝手できるわけじゃないんだ」

なんだなんだうるせーぞ!
男党ってなんだ、ふざけてるのか!
夜に何やかましいことやってんだ!
おぎゃあ おぎゃあ


123 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 20:51:41.23 ID:OjMG+CMH0
('A`)と夢の島のようです みたいだ
夢のルールを解明していくのが面白い


125 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 20:52:58.57 ID:G62TD0bc0
※これはあくまでフィクションです。良い子も悪い子も良い大人も悪い大人も、絶対真似しないでください。
 っていってもする奴はするだろうけど警告したのにやるのは自己責任だからね作者責任ないからね以上!


126 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:11:35.35 ID:G62TD0bc0
がこんっ

友「なんか上で音が……!」
男「友、わかってるな」
友「おうよ。ここで下手な妄想しようものなら何かに襲われるんだろ?」
男「そういうこと。スピーカー壊されたらことだし、場合に寄っちゃそれ以上」

にゅっ

魔「そうそ、賢い賢い。わざわざ直接出向いてきた甲斐があったねえ」
友「どうわ!」
男「友ぉブレーキ!」

魔「ふふふふふ」
友「こりゃあ魔女様どころじゃないな」
男「……なんてこった」

男&友「なんという褐色ムチムチボイン半裸女魔物!」

魔「あのさあ、ラスボスなんだからもうちょっとかっこいい紹介文にしてくんない?」


127 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:14:34.33 ID:1rL7XOhn0
ナイス
半裸ナイス!


129 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:24:49.20 ID:zrvdzhRDO
おつかれさまんどりる!


131 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:29:42.20 ID:G62TD0bc0
友「あの乳は反則だよなあ。Dか、下手すりゃEか?」
男「妹はAかBだし、女もCらへんに見えるし……」
魔「もしもし僕たち? そのセクハラ談義をやめて車から降りてこないかな」
友「やだね、魔物が目の前にいるのにそんなことできるかよ」
魔「じゃしょうがない。力ずくで引きずりだしちゃおう」

めき……めきっ

男「ふ、フロントガラスにひび!?」
友「おい男、ルールE」

ばりっ!

友「訂正やっぱ俺にも見える!」
男「マジもんの怪力か!」

ばたんっ

魔「ふーん、シートを倒し後部座席から出て距離をとるとはねえ。
  やるじゃない、それともこれも打ち合わせに入ってたの?」
男「……ははっ ついに巡り合えたようだなあ」
友「魔女もとい、魔物さんよ」


132 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:31:53.73 ID:vyc9u/Xa0
こういう敵には正攻法よりエロく攻めた方がいいってじっちゃんが言ってた!


133 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 21:36:38.48 ID:OjMG+CMH0
( ゚∀゚)o彡°<おっぱい!


134 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:37:33.12 ID:G62TD0bc0
魔「あなたたち、けっこういい推理力を持っていたようね」

友「まあ、俺の灰色の小細胞を持ってすればな」
男「友ー! 脳脳!」

魔「わかっている相手に長々説明しても仕方ない。
  私はあなたたちの頭脳と、行動力を買ってるの。
  我々魔族下で働いてみない? 坊やさんたち」

男「わー、文字通りの意味で悪魔に魂売るかどうか聞かれる日が来るとは」
友「それで労働内容と報酬はどんなふうになってるんですかね、社長さん?」

魔「このまま人間に夢を見させるための手伝いと、起きだしてきた人間を騙すこと。
  報酬は良い夢でもいいし、誉めてくれたこの胸で別の夢を見させてあげてもいいよ?」

友「なんとも悪魔らしいお答えで」
男「悪いが、NOだ。世界人口の大半が眠ったままループする世界なんざ御免だね」

魔「あらあ、男君だっけ? あなたはそうよね、主人公だし女ちゃんといい感じだし妹さんも可愛いし」

男「なっ いいいい感じっておまおまあぅあぅ」

魔「でも、友ちゃんはそうでもないんじゃないの? 良い夢にも、女の子にも不自由してない?」

友「甘いな……ここで誘惑に乗るようなら、俺は友でなく同級生Bをやっている!
  コメディーリリーフをしつつ男に攻略されなかったヒロインの悲しみを癒してうはうは!
  しかも今回は攻略対象外の肉親すなわち可愛い妹ちゃんがいる、人外なんぞ不必要っ」
男(……何故だろう。悪魔の誘惑をきっぱりとはねつけたのに、全然かっこよく見えん)


135 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:39:16.35 ID:HhUP9/Ah0
実は友は冷静沈着クールガイ


136 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:44:46.10 ID:G62TD0bc0
魔「……交渉決裂ね。もったいないけど、排除させていただくよ」

友「いいのか? 大切な夢を見させるための人間を殺しちまって」
男「もう一つ言うなら、お前パワーはあってもスピードはどうだ?
  邪魔されてるってのに、選挙カーに追いつくまで時間かかったよな」

魔「あははは、考えなしで拒否ったわけじゃないんだあ。ますます面白い」

友「言っとくが、俺たちは下手な妄想で自滅したりしないぞ?」
男「お前の戦力は未知。過小評価は危険だが過大評価の必要も無い。
  ここに来た上俺たちを雇おうとするってことは、部下いないみたいだしな」

魔「ふうん、でも後ろのお二人もそうなのかな?」

友「っ! しまった!」
女「男、友、さっきの大音量の演説は?」
妹「書置きだけで出て行くなんて酷いじゃないっ」
男「くぅ……」


137 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 21:53:42.89 ID:G62TD0bc0
女「あー、わかったあ! 私達は足手まといって話してたんだね?」

魔「あらあ、そんなことないよ? 私の味方になってくれたら、
  あなたの濡れ体操服を見せてあげるって話をしてただけ」

女「お……男!?」
男「いやあああ結局本編でも露見した!」
女「もう……ぜ、絶対写真はダメだからね?」
男「○×△☆※□!?!?!?!?!?」

魔「ふふ、それからそこの妹ちゃんは白スクール水着」

妹「だ、だめだよお兄。私達は兄妹で……」

魔「あら、こっちは友ちゃん用なんだけど?」

妹「……変態きもっ」
友「え、ちょ、何この扱いの違い! ちくしょうやっぱ俺は人外でも目の前の利益をおっ」
男「待て友おおお、同級生Bに成り下がるつもりかあ!」


138 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 21:55:15.61 ID:jGhDs53e0
男モテモテですな


139 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:01:58.40 ID:G62TD0bc0
友「……て、これがお前の言う排除方法かよ」

魔「あーはははっ 人間って最高の玩具になるね。
  でも、さすがにこれだけじゃ殺せないでしょう?
  もっと自分の能力を使わせてもらうからねえ」

男「気をつけろ、来るぞ!」

魔「あらあ、力ずくでなんて誰も言ってないでしょう?
  私はちょっとだけ、そう……妹さんとお話ししたいだけ」

妹「……?」

魔「大事なお兄ちゃんが、ただの同級生に奪われそうなんだもんね。
  黙ってみてたらかわいそうだなーって、同情しちゃったんだあ」

男「わかってるよな、妹。耳を貸すなよ?」
妹「……」
男「おい、妹!」


140 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:09:46.36 ID:G62TD0bc0
魔「私は何でも知ってるよ。共働きの家庭の育ったあなたは、お兄ちゃんに世話された。
  顔とか能力は平凡だけど、優しくて面倒見のいいお兄ちゃんが大好きなんだよね?」

妹「……」
男「妹。妹って」

魔「でも、中学に上がってから邪魔者が現れた。それが女ちゃん。
  話をあわせるために新しい本を読んだり、番組が増えたり。
  その一方であなたに構ってくれる時間は減って……寂しかったよね?」

妹「う。そ、それは」
友「妹ちゃん……なぜその兄貴じゃなく俺のほうに来ないのっ」

魔「女ちゃんが憎らしいよねえ、殺 し た い く ら い」

妹「違っ」
友「やばい、妹ちゃん落ち着いt」
男「違う、女だ!」
友「!?」


143 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:23:07.45 ID:G62TD0bc0
妹「わ……何、何? 身体がっ」
女「いやあ、来ないでえ!」
男「女あ、ルールEだ。妹はお前の妄想に操られて!」

魔「妄想じゃないよね、本当は今すぐにでも女ちゃんのこと殺したいんでしょう?
  素手で殺すのは難しいかもしれないけれど、首を締めれば大丈夫。
  人間はのどが弱点だからね……少し頑張れば、窒息死して終わるよ?」

妹「ま、待って、わあっ」
女「やああああ!」
男「落ち着け女。おい友、お前も何とか!」
友「う……あ……ひああっ!」
男「待てよ友! どこに行くんだ!」

魔「あーははははあ! 仕方ないよ、目の前で知り合いに殺し合いをさせられちゃねえ。
  逃げて正解なんじゃない? あっちの子はおバカそうだから、私も見逃してあげる」

男「くう、妹。止まれ、止まってくれ! 女も落ち着いて!」

魔「ふふふ、所詮人間は憎しみあい傷つけあうことしかできない。
  例えそれが仮想敵国や仮想の敵組織、または個人であろうとね。
  恨み、蔑み、妬み、警戒し、やがてその敵意を露にしてしまう。
  その妄想のエネルギーが私達魔族には大のご馳走でねえ。
  全世界の人間が夢を見て、起きたらこの状況に怯える世界って最高じゃない!
  私はあなたたちを消す。そして、その後でじっくりと残りの愚かな者どもから……!」


147 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:50:52.73 ID:G62TD0bc0
魔「……! この、破魔矢は……」

男「……長い時間が経ったが、これだけは覚えてるぞ。
  俺はループに入る前、仲の良い奴らと下校したんだ。
  その日部活がなかったのは、俺の陸上部と女の手芸部」





友「それから、俺の弓道部だ!」

魔「バカな。あなたは逃げたんじゃ」

友「へ、言ったろ? 俺は同級生AでもBでもねえ、友だ!」


148 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:52:01.57 ID:1rL7XOhn0
ちょwwwwww
友カッコ良過ぎwwwwwwwww


149 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:52:45.18 ID:G62TD0bc0
男「ループに入った理由は、餌目当てですか。随分とまあ」

魔「くっ……冷静に分析していていいの? あなたの後ろでは、同級生と妹が」

女「何をしているって言うの?」

魔「!」

男「疑問を解消してくれた礼に、こっちも種明かししてやるよ。
  この矢を当てるには、お前に隙を作り出す必要があった。
  もちろん、一度出し抜くだけならやってやれないこともない。
  でも、矢を射ってからお前に当たるまで静止となると話は別だ」
女「男が提案したのは、私達に足手まといの振りをさせること。
  だから戦力を分散してまで、二人だけで選挙カーに乗った」

魔「私の……マインドコント……う、ぐうっ」

妹「……目の前で殺し合いなんかさせられたら、一番悲しむのはお兄じゃん。
  私も女さんも、お互いのことそれもわからないバカだなんて思ってないよ」

魔「……私を殺しても、人間は憎しみあいをやめない。
  そんなあなたたちに、明日を迎える資格はな……い……」

しゅうううううう

男「……消えた、な」
友「ああ、終わったんだ」


150 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:54:09.00 ID:G62TD0bc0
男「……あー、女。その、俺は」
女「いい言っとくけど体操服の件はアドリブだからねえ!?」
男「いや、そりゃわかってるけどさ。俺の気持ち……」
女「っ!」
男「自分の口から、ちゃんと伝えとく。
  女、俺はお前のことずっと好きだったんだ」
女「私も。男のことずっとずっと好きだったよ。
  玄関が開かなかったときや消えかかったとき
  男がちゃんと来てくれて……すっごく嬉しかった」

妹「……」
男「妹」
妹「安心してよ、ちょっと寂しいけど別に憎いとかそんな気持ちは無いk」
男「女とどうなっても、俺はお前の兄貴だから。忘れないでくれよな」
妹「うう、お兄」


友「……ってちょっと待った! ここは見事命中させた俺を誉めるとこじゃないの!?
  ああもうやってらんないっての! おい聞けってハーレム軍団! おいいいい!」


151 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 22:57:20.02 ID:OjMG+CMH0
友www


152 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:57:38.29 ID:G62TD0bc0
ほんと男>>>>>女だよな
いや女>>>>>男(笑)
マジであいつ頭どうかなってんじゃね?
これだからゆとりは
チョンうぜえ

男「……今日も、見えない誰かと戦ってるなあ」
友「お互い顔見えないしな。レッテル貼って、蔑みたいんだろ」
男「そのレッテルすら、自分たちで作り上げた負の偶像なんだがね」
友「相手を下に見て自分を高めたいのかサンドバッグか」
男「……でもま、憎しみだけじゃないって証明しないとな」
友「うわ出たよ恋人の惚気が」
男「いや違うって、そんなつもりは」
女「お待たせ男お、友お。朝ごはんできたよ」
妹「……それと友さん、はいこれ」
友「へ? お、俺が弦で指怪我したって知ってたの?」
妹「まあ、功労者さんにはちゃんとお礼をしないと」
友「可愛い上にツンデレktkr!」
妹「やっぱこの人やだー!」

妹「見てみて、久しぶりの日の出だよ!」
友「うお、まぶしっww」
男「やーっと朝になったんだな」
女「うん……」


153 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:57:50.43 ID:HhUP9/Ah0
じゃあ友は俺がもらっていきますね


154 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:58:36.79 ID:G62TD0bc0
明日を迎える資格。
それは、誰に認められ誰によって剥奪されるものなのだろう。
わからない。だから、せめて自分で納得できるよう生きたいと思う。

同じように陽が昇り、同じような朝を迎え、同じような日々を送る。
その「当たり前」に……俺は誓った。


Fin


155 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 22:59:25.79 ID:kyR3OWmXO
なにこの友www好きだww


156 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 23:02:00.40 ID:1rL7XOhn0

スレタイからは創造できない程、良い話だった


157 名前:VIPがお送りします。 [] 投稿日:2008/05/01(木) 23:03:05.86 ID:G62TD0bc0
後書きと言うか反省と言うか


うん、ぶっちゃけ新ジャンルじゃないね。
一人で突っ走っちゃうオナニー小説(笑)に付き合っていただきどうもでした。
笑ったり萌えたり燃えたり、あとはちょっとだけ憎しみが減らせれば幸いです。
他の書き手さんが来たら喜んで保守するんで。そんじゃ乙。


162 名前:VIPがお送りします。 [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 23:07:39.81 ID:EYBr+lFf0
びっくりドンキーがびっくりする程乙でした はてなブックマーク - 新ジャンル「朝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:


コメント:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。